〒518-0418 三重県名張市富貴ヶ丘5番町96番地

この1分の動画を見てから、記事を読めばより理解が深まるよ!

目次

情報の教科書に出てくる「肖像権」について教えて!

こんにちは、タクミ先生です。ヒロ君、肖像権についての質問ですね。肖像権とは、自分の顔写真や名前を使われることに対して、自分の意思に反して使われることがない権利です。つまり、他人が自分の肖像を勝手に使って嫌な思いをすることがないように、法律で守られているのです。例えば、自分の写真が勝手に広告に載せられたり、商品のパッケージに使われたりすることは、肖像権に違反する可能性があります。ただし、公益的な目的など例外もあるので、詳しくは法律の範囲内でつかって行くことが大切です。それでは、この辺りで理解できたでしょうか?

肖像権とは何ですか?

ヒロ:タクミ先生、肖像権って何ですか?
タクミ:肖像権とは、自分の顔や姿を他の人が勝手に使うことを制限する権利のことです。例えば、自分の写真を勝手にネット上に載せられたり、広告に使われたりすることがないように、権利を守ることができるんです。
ヒロ:なるほど。でも、自分の顔を撮影されたらどうなるんですか?
タクミ:それは、撮影そのものは許されますが、撮影された後、その写真を使われるようなことがあった場合は、肖像権の侵害になる場合もありますよ。ただ、パブリシティ権という法律があって、有名人やタレントなどは、自分の顔を商業目的で使われることに対しても制限がかけられるんです。
ヒロ:ふむふむ、なるほどです。ありがとうございます。
タクミ:どういたしまして。肖像権は、自分自身の権利として、大切に保護しなければいけませんね。

肖像権の主な目的は何ですか?

ヒロ:タクミ先生、肖像権の主な目的ってなんですか?
タクミ:うーん、肖像権って自分の顔や姿が勝手に広告などに使われないように守る権利だよ。
ヒロ:使われちゃだめなんですね。でも、なんでそんな権利が必要なんですか?
タクミ:例えばね、あなたが有名になって、テレビに出演したりするようになったら、その映像や写真が広告に使われることがあるよね。でも、本人の意向を無視して勝手に使われると、その人の価値観やイメージが損なわれたりすることがあるんだ。
ヒロ:ああ、なるほど。自分の形象やイメージを守るために、肖像権があるんですね。
タクミ:そうそう、そういうことだよ。ただし、肖像権は自分自身が着た服や髪型が写っている場合に限り有効だよ。だから、着用していない帽子やマスクなどは肖像権の保護範囲に含めることができないんだ。
ヒロ:なるほど、服装や髪型にも注意が必要なんですね。ありがとうございました!

肖像権は誰に付与されますか?

ヒロ:タクミ先生、肖像権は誰に付与されますか?
タクミ:肖像権とは、自分の写真や絵などの肖像物を使う権利を持つことです。誰に付与されるかって言うと、その人自身に付与されるんだよ。
ヒロ:えっ、自分に?自分じゃなくて、自分の写真を撮った人や会社じゃないんですか?
タクミ:そういう誤解がある人が多いんだけど、肖像権は自分自身に付与される権利なんだよ。自分の写真や絵を使いたくない場合には、固くお断りすることもできるんだ。
ヒロ:なるほど。自分にしかない、大切な権利だったんですね。
タクミ:そうだよ。自分の写真や絵を使われたくない時には、はっきりと断ることができるんだ。肖像権の大切さを知って、自分の権利を守ることが大切だよ。

肖像権の期間はどのくらいですか?

ヒロ:タクミ先生、肖像権っていつまで持続するんですか?
タクミ:それはね、その人が亡くなってから70年間続くんだよ。
ヒロ:70年間ですか…それって長いですね。
タクミ:そうだね。でもその人が作ったものや表現が後世に残り続けることを保証しているんだよ。例えば、あの有名な巨匠画家の作品が今も高い評価を受けているのは、彼の肖像権によって作品が保護されているおかげなんだ。
ヒロ:なるほど、そういうことなんですね。ありがとうございます。

肖像権の侵害とは何ですか?

ヒロ:先生、肖像権の侵害って何ですか?
タクミ:ええ、肖像権という言葉を聞いたことがありますか?
ヒロ:うーん、聞いたことはあるけど、詳しくは分からないです。
タクミ:肖像権とは、自分の顔写真や名前などを自由に使われることを許可する権利のことです。他人が自分の写真を勝手に使って、自分が望まないような嫌なことに使われた場合、肖像権の侵害となります。例えば、顔写真をネット上に掲載された場合、許可なく勝手に使われることで肖像権の侵害となります。
ヒロ:なるほど、肖像権の侵害は自分自身の写真等を許可なく勝手に使われた場合になるんですね。ありがとうございました。

肖像権の侵害に該当する場合、どのような対処法がありますか?

ヒロ:タクミ先生、肖像権侵害って何ですか?もし自分の写真が勝手に使われた場合はどうすればいいですか?
タクミ:そうですね、肖像権侵害とは、あなたの顔写真などの肖像が、許可を得ないまま勝手に使われたり、加工されたりした場合を指します。たとえば、インターネット上であなたの顔写真が無断で使われたり、SNSで加工された写真が勝手にアップロードされたりなどです。
ヒロ:そうなんですね。もし肖像権侵害にあった場合、どうすればいいですか?
タクミ:まずは、侵害された写真を使用している人に直接交渉して解決する方法があります。それでも解決できない場合は、法的手続きを取ることができます。裁判所に提訴して、侵害行為の差し止めや損害賠償を求めることができます。
ヒロ:裁判とか大変そうですね。でも自分の肖像権をしっかり守るために、ちゃんと知っておかないといけないですね。ありがとうございました、タクミ先生!
タクミ:いえいえ、気になることがあればいつでも聞いてくださいね。肖像権のことは、プログラマーに限らず、誰にでも関係することですから。

肖像権の例外事項には何がありますか?

ヒロ:タクミ先生、肖像権の例外事項には何がありますか?
タクミ:例外事項には、報道目的での使用や、公共の利益に関わる場合がありますよ。
ヒロ:報道目的って何ですか?
タクミ:例えば、新聞やニュース番組で、政治家や有名人が取り上げられる場合、その人たちの写真が掲載されることがありますね。
ヒロ:なるほど、でもどうして例外になるんですか?
タクミ:それは、報道が社会に必要な情報を提供する役割を持っているからです。実際に見たり、知ったりすることで、人々が自分たちの生活を考える上で大事な意見や判断材料になるんです。
ヒロ:なるほど、ありがとうございました!
タクミ:どういたしまして、何か他に質問があれば、遠慮なく聞いてくださいね。

著作権と肖像権はどう違うのですか?

ヒロ:先生、著作権と肖像権はどう違うんですか?
タクミ:著作権と肖像権の違いね。著作権は、文章や写真、音楽といった創作物を作った人が持っている権利のことだよ。つまり、自分が作ったものを他の人に勝手に使われたくないという気持ちが、著作権につながるんだ。
ヒロ:なるほど。じゃあ肖像権は?
タクミ:肖像権は、自分の顔や姿を撮影した写真や映像を勝手に使われたくないという権利のことだよ。例えば、有名人やアイドルなどが撮影された映像を勝手に使われた場合、その人たちは肖像権を主張して使用を禁止することが出来るんだ。
ヒロ:あ、なるほど!著作権は作品を作った人の権利、肖像権は写真を撮られた人の権利っていうことですね!分かりました。
タクミ:そうそう、まさにその通りだよ。不明点があれば、また聞いてね。

肖像権は国際的にも保護されていますか?

ヒロ:タクミ先生、肖像権って国際的にも保護されていますか?
タクミ:そうだね、肖像権は国際的にも保護されているよ。例えば、日本では著作権法によって保護されているけど、国際的にはベルヌ条約という条約で保護されているんだ。
ヒロ:ベルヌ条約って何ですか?
タクミ:ベルヌ条約は著作権や関連権利についての国際条約でね。約170の国が加盟していて、肖像権も保護されているんだよ。
ヒロ:なるほど、ありがとうございます。ベルヌ条約は肖像権だけではなく、著作権や関連権利も保護されているんですね。
タクミ:そうだよ。国際的にも著作権や肖像権はとても大切にされていて、世界中で守られているんだ。

肖像権の侵害による刑事罰はありますか?

ヒロ:タクミ先生、肖像権の侵害は刑事罰の対象になるんですか?
タクミ:そうですね、肖像権というのは自分の顔や名前など、自分自身のイメージを守る権利のことです。他人が勝手に使うと、自分の意志に反したものにされる可能性がありますね。法律上は、肖像権の侵害で訴えると、損害賠償を請求することができるとされています。
ヒロ:じゃあ、肖像権の侵害で逮捕されることはないんですか?
タクミ:ああ、それについては、刑事罰を科せられるということではありません。ただ、場合によっては、プライバシーや名誉毀損の問題になる可能性もあるため、慎重に行動すべきだと思います。例えば、人の顔写真を勝手に公開したり、名前を使って勝手な宣伝をした場合には、それが問題になることもありますよ。

肖像権の侵害による損害賠償はどのように決定されますか?

ヒロ:タクミ先生、肖像権の侵害による損害賠償ってどうやって決まるんですか?
タクミ:まず、損害賠償の額は、被害者の名誉や人格権が侵害された程度によって変わってきます。被害者が有名人の場合はさらに高額になることもあります。例えば、スポーツ選手の写真を勝手に使用した場合、その選手の名声や実績によって損害賠償の額が変わることがあります。
ヒロ:なるほど、有名人の場合は損害賠償が高くなるんですね。
タクミ:そうですね。また、被害者が受けた損害や被害の状況に応じて、判決が下されることもあります。例えば、被害者が大きな経済的損失を受けた場合、損害賠償の額も多額になることがあります。
ヒロ:わかりました。逆に、損害が少ない場合は賠償額も少なくなるんですか?
タクミ:そうですね。被害者が受けた損害が少ない場合、賠償額もそれに比例して少なくなることがあります。ただし、損害が少なくても、肖像権やプライバシー権が侵害されたことに変わりないので、賠償が必要な場合があります。
ヒロ:なるほど、損害額に応じて賠償額が変わるんですね。ありがとうございます。

肖像権は法人にも付与されますか?

ヒロ:タクミ先生、肖像権は法人にも付与されますか?
タクミ:そうね、肖像権は個人に与えられる権利だから、法人には付与されません。例えば、有名な人がCMなどで自分の写真を使った時は、肖像権を守るために、その有名人自身が許可を出していますよね。それに対して、会社のロゴなどは法人が許可を出すことで使用されているものが多いです。明確な法律に基づいて、個人と法人の肖像権ははっきりと分けられているんだよ。

肖像権の訴訟にはどのような証拠が必要ですか?

ヒロ:タクミ先生、肖像権の訴訟にはどのような証拠が必要なんですか?
タクミ:まず、肖像権を主張することができる立場にある人物であることが必要です。そして、使用された証拠や証言、またそれによって生じた被害額などが証明される必要がありますよ。
ヒロ:肖像権を主張することができる人物ってどんな人ですか?
タクミ:例えば、肖像がその人物の所有物である場合、あるいは許可なく使用された場合にその肖像が損害を受けた場合などがあります。ただし、その状況によって主張できるかどうかは法律によって変わってきますので、よく調べる必要があります。
ヒロ:訴訟に勝つためにはどのような証拠が必要ですか?
タクミ:例えば、使用された肖像があなたの許可なく使用され、それによって不当な利益を得たということや、使用された肖像によってあなたが被った損害を証明する証拠が必要になります。また、肖像権を侵害された事実を立証する証拠として、写真や画像、動画、書類などが必要ですよ。

肖像権の侵害に対する救済は民事訴訟しかないのですか?

ヒロ:タクミ先生、肖像権の侵害に対する救済は民事訴訟しかないんですか?
タクミ:そうですね、民事訴訟が一般的ですが、それ以外にも刑事訴訟の場合もあります。
ヒロ:刑事訴訟って、警察が動いて犯罪者を捕まえるようなものですか?
タクミ:そうですね。例えば、盗撮や不正アクセスなど、犯罪行為があった場合には刑事訴訟が行われることがあります。
ヒロ:なるほど、でも民事訴訟と刑事訴訟、どう違うんですか?
タクミ:民事訴訟は、被害者が直接訴えを起こして、損害賠償や差止めなどの救済を求めるものです。一方、刑事訴訟は、犯罪者に対して罰則が課せられるもので、被害者は訴えを起こす必要はありません。
ヒロ:なるほど、どちらも救済が受けられる方法が違うんですね。ありがとうございました。

肖像権の訴訟において、原告と被告の証人についてどのように取り扱われますか?

ヒロ:タクミ先生、肖像権の訴訟で、原告と被告の証人についてどうなるんですか?
タクミ:訴訟の場合、原告と被告それぞれが証言する証人を選びますね。それぞれの証言を聞いて、判断するのが裁判の役割です。
ヒロ:証言って、どんなことをするんですか?
タクミ:証言とは、自分の知っていることを裁判官や弁護士に話すことです。例えば、肖像権を侵害されたと主張する原告は、自分が撮影された写真や動画を見せて、どうして侵害されたと思うのかを説明します。そして、その証言を聞いた裁判官が、侵害はあったのか、どうかを判断するんです。
ヒロ:それで、証人ってどうなるんですか?
タクミ:証人は、自分が見聞きしたことを話す役割があります。例えば、被告が撮影した写真や動画を見たことがある人が証人になることがあります。そして、その証言を聞いた裁判官が証拠として利用することができます。
ヒロ:なるほど、それで判断するんですね。勉強になりました、タクミ先生。
タクミ:わかりやすく説明できているか心配ですが、もし分からないことがあったら、いつでも聞いてくださいね。

肖像権が社会的に注目されるようになったのはいつ頃ですか?

ヒロ:タクミ先生、肖像権が社会的に注目されるようになったのはいつ頃ですか?
タクミ:肖像権が注目されるようになった時期はいくつかありますが、1993年頃に発生した「田村正和判決」が、肖像権の観点から重要な判例となったと言えます。この判決は、タレントの田村正和さんが自分の肖像が不適切な目的で使用されたことを訴えた事件です。
ヒロ:なるほど。でも、田村正和さんの肖像権が侵害されたと訴えた理由は何だったんですか?
タクミ:田村正和さんが出演していたドラマの広告に、彼の許可を得ずに肖像が使用されたことが原因でした。このように、自分の肖像が勝手に使われたりすると、自分のイメージが傷つく恐れがあるんですよ。
ヒロ:なるほど。肖像権って、自分の顔や名前を勝手に使われたくないってことですね。
タクミ:それでは、肖像権を簡単に説明したことになりますね。肖像権は、自分の顔や名前といった個人情報を守る権利です。個人情報は、プライバシーやプライドなど人格的利益に関わるものなので、自分の意思に反して勝手に使用されることは許されません。
ヒロ:なるほど。肖像権って、個人情報保護の一つだったんですね。
タクミ:はい、そうです。また、肖像権は、商業的利益を得るための広告や商品販売などの場合にも重要な権利となっています。何かわからないことがあれば、気軽に聞いてくださいね。

肖像権の保護を受けられない場合でも対処できる手段はありますか?

ヒロ:肖像権の保護が受けられない場合、どうしたらいいですか?
タクミ:肖像権の保護はとても大切ですね。しかし、受けられない場合でも、学生さんが作成した作品やコードの著作権は法律で守られています。つまり、自分が作成したものを他人が勝手に使用した場合には、法律の範囲内で対処することができます。ですから、自分が作ったものにはしっかりと著作権表示をしましょう。また、インターネット上で公開する場合は、ライセンスについても確認しておくことが大切です。あとは、問題があった場合には弁護士に相談することをお勧めします。

ある人物の肖像について、複数の人物が肖像権を主張する場合、どのように決定されますか?

ヒロ:タクミ先生、ある人物の肖像について、複数の人物が肖像権を主張する場合、どのように決定されますか?
タクミ:それは法律で決められているんだよ。例えば、亡くなった場合は家族が肖像権を持つことが多いんだ。でも、もし家族に血縁関係がない場合は、訴訟などが行われて裁判所が判断することになるんだ。
ヒロ:裁判所が決めるんですね。でも、どうやって決めるんですか?
タクミ:いくつかの基準があって、例えば「肖像を撮影した者に権利がある」という規定もあるんだ。また、肖像を使用する目的によっても権利が変わってくることがあるんだよ。
ヒロ:なるほど、色々規定があるんですね。それにしても、肖像権争いって大変そうですね。
タクミ:そうだね。でも、争う前にはきちんと予防することも大事なんだ。肖像を使用する際には、権利者の許可を得ることが必要だし、使用目的に合わせて取るべき手続きもあるんだよ。そうすることで、トラブルを未然に防ぐこともできるんだ。

肖像権侵害で損害賠償を受けた場合、税金がかかることはありますか?

ヒロ:タクミ先生、肖像権侵害で損害賠償を受けたら、税金がかかっちゃうんですか?
タクミ:それはね、損害賠償は法律的に認められた被害の補償、つまり傷害賠償、医療費、物損賠償などなんだよ。肖像権侵害の場合、相手に精神的な損害があったとして、慰謝料が発生することがあります。税金がかかるかどうかは、支払う側の所得によって変わるから、具体的な金額については税理士か税務署に相談するといいよ。
ヒロ:損害賠償って、犯罪被害者支援法にもあるから、国からお金が出てくるんじゃないんですか?
タクミ:確かに、被害者がいちばん困る、被害に遭った損害額の一部、最大限度額内の額を支援金として受けることができる制度があるけど、それには条件がいろいろとあるから注意が必要だよ。例えば、被害届を出してから支援審査までに時間がかかること、支援審査に落ちた場合は、やはり自分のお金で支払う必要があることなどだよ。
ヒロ:そうなんですね、ありがとうございます。この制度も税金についてはどうなんですか?
タクミ:国から受ける支援金には、一定の範囲内で税金がかからないというメリットがあるんだ。ただし、支援金が所得の一部になる場合は、少なからず国税、地方税がかかってくることも覚えておくといいよ。
ヒロ:なるほど、ありがとうございました。

肖像権侵害が犯罪であることは知られていますが、実際に処罰されるケースは多いのでしょうか?

ヒロ: タクミ先生、肖像権侵害が犯罪だって聞いたんですけど、実際に処罰されることって多いんですか?
タクミ: そうですね、肖像権侵害は犯罪になることがあります。例えば、他人の写真を勝手に使って商品を販売するなど、商業目的での使用が多くなっています。しかし、処罰されるかどうかは、状況や裁判所の判断によって異なります。
ヒロ: 良く分かりません。裁判ってどういうときに行われるんですか?
タクミ: 裁判は、肖像権侵害をされた側が、被害に遭った時に起こすことができます。たとえば、自分の顔写真が勝手に使われたときや、自分の肖像権を守りたいと思ったときに、裁判所に掛け合います。
ヒロ: そんなことがあったら裁判ってすごく大変そうですね。
タクミ: はい、裁判は時間もお金もかかることが多いです。でも、肖像権侵害が起こって被害に遭った場合は、しっかりと自分の権利を守ることが大切です。ただし、予防も大事です。適正な許可を得ずに、他人の写真を勝手に使わないようにすることで、トラブルを回避することができますよ。