〒518-0418 三重県名張市富貴ヶ丘5番町96番地

この1分の動画を見てから、記事を読めばより理解が深まるよ!

目次

情報の教科書に出てくる「ワールドワイドウェブ」について教えて!

こんにちは、ヒロくん。プログラマーを目指しているんだね、素晴らしい目標だね。今日は「ワールドワイドウェブ」について話そうか。ワールドワイドウェブとは略して「Web」とも呼ばれ、世界中にあるサーバーとインターネットを使ってつながった情報の総称だよ。インターネット上に公開されているページには様々な情報があって、検索エンジンを使って興味のある情報を探すことができるんだ。例えば、オンラインでのショッピングや、SNSでの情報交換など、私たちが普段使っているネットの大部分がWebで構成されているんだよ。Webの発展により、ビジネスや学習など、様々な場面で用いられるようになってきたんだ。理解を深めるためにも、自分でもWebページを作成してみるのがおすすめだよ。

ワールドワイドウェブとは何ですか?

ヒロ:タクミ先生、ワールドワイドウェブとは何ですか?
タクミ:ねえ、ヒロ君、ウェブっていうのはとても大きな電子的な広場で、人々が情報を交換する場所なんだよ。例えば、本を読む場所みたいなものだね。読みたい本があったら、本棚から探して取ることができると思う。ウェブも同じで、必要な情報を探して、スマホやパソコンで閲覧することができるんだ。
ヒロ:なるほど、でも、どういう情報が共有されているんですか?
タクミ:そうだね、例えば、お店の情報や学校の情報、ニュース、バラエティー番組など、様々なジャンルの情報があるよ。また、人々が作ったウェブサイトもあり、自由に情報を発信することができるんだ。
ヒロ:そうなんですね。でも、どうして「ワールドワイド」ってつくんですか?
タクミ:それは、世界中の人が参加していて、国内だけでなく海外でも情報を共有しているからだよ。たとえば、アメリカやヨーロッパのサイトも自由に見ることができるんだ。
ヒロ:なるほど、なんかわかってきました。でも、僕がウェブサイトを作るにはどうすればいいですか?
タクミ:それはプログラミングの知識が必要になるんだけど、インターネット上ではシステムやアプリケーションを作るためのオンライン教材がたくさんあるよ。それらを使って、どんどんチャレンジしてみると良いかもしれないね。

ワールドワイドウェブの歴史は?

ヒロ:タクミ先生、ワールドワイドウェブはどうやって生まれたんですか?
タクミ先生:それはね、インターネットが始まった頃、ティム・バーナーズ=リーという人が、情報をやりとりするためのシステムを作り出したのが始まりなんだよ。
ヒロ:ティム・バーナーズ=リーさんって誰なんですか?
タクミ先生:そうだね、あまり知られていないけど、プログラマーで、英国の国立物理学研究所に勤めていた人なんだ。彼は単なる情報のやり取りではなく、文書なども楽しめるシステムを開発したかったんだよ。
ヒロ:そうなんですね!そしたら、ワールドワイドウェブって何が特徴なんですか?
タクミ先生:ワールドワイドウェブは、ウェブページをリンクでつなげたらしいよ。どんな情報も簡単に取得することができるから、今では世界中の人々が利用してるんだ。すごいよね。
ヒロ:やっぱり、テクノロジーってすごいですね。僕もいつかこんなシステムを作ってみたいです!
タクミ先生:それは素晴らしい目標だね。しっかりと勉強して、将来に夢や目標を持つことが大切だよ。応援してるよ!

ワールドワイドウェブの発明者は誰ですか?

ヒロ:タクミ先生、ワールドワイドウェブの発明者は知っていますか?
タクミ:それは、ティム・バーナーズ=リーさんですよ。
ヒロ:ティム・バーナーズ=リーさんって、どういう人なんですか?
タクミ:ティム・バーナーズ=リーさんは、インターネットを更に便利にするために、ワールドワイドウェブを考え出した人です。例えば、本棚の並び順を決める「分類法」があるように、ウェブページにも「リンク」をつけて、情報を整理することができるようになりました。
ヒロ:分かりました。ティム・バーナーズ=リーさんは、大変偉大な人物だったんですね。ありがとうございます、タクミ先生。

ワールドワイドウェブはどのように機能しますか?

ヒロ: タクミ先生、ワールドワイドウェブって何ですか?
タクミ: ワールドワイドウェブとは、インターネット上の情報を繋ぎ合わせたシステムのことですね。たとえば、本の図書館があるとします。その中にはいろんな本がありますよね。それぞれのページには目次が書いてあるので、知りたい情報があったら目次を参照して、そのページに飛ぶことができます。それと同じように、ワールドワイドウェブのページにはリンクが付いていて、それをクリックすると、目的の情報が掲載されたページに飛ぶことができます。
ヒロ: なるほど、でもリンクって何ですか?
タクミ: リンクというのは、文字や画像がクリックできるようなポイントのことです。本で言うと、表紙にある目次の各ページの番号がリンクにあたりますね。それをクリックすることで、目的のページに移れるわけです。
ヒロ: なるほど!ワールドワイドウェブは本の図書館のようなものだったんですね!ありがとう、タクミ先生!

ワールドワイドウェブの主な役割は何ですか?

ヒロ:タクミ先生、ワールドワイドウェブって何ができるんですか?
タクミ:ヒロさん、ワールドワイドウェブはインターネット上で情報をやりとりするためのシステムですよ。
ヒロ:情報をやりとりするって、例えばどういうことができるんでしょうか?
タクミ:たとえば、インターネット上にあるウェブサイトを見ることができたり、メールやSNSを通じて人とコミュニケーションをとることができますよ。
ヒロ:あー、分かりました!ウェブサイトを見るっていうのは、本当の書類とかじゃなくて、インターネット上のものなんですね。
タクミ:そうそう、言い方を変えると、ウェブサイトはインターネット上のページのことで、そこに色んな情報が載っているんですよ。

ワールドワイドウェブ上のコンテンツはどのように作成されますか?

ヒロ:タクミ先生、ワールドワイドウェブ上のコンテンツはどのように作成されるんですか?
タクミ:まず、WebサイトはHTMLと呼ばれるコードで構成されています。HTMLはタグと呼ばれる命令によって、ページの構造や要素の配置などを指示します。
ヒロ:タグって何ですか?
タクミ:例えば、<h1>というタグを使うと、その中に書かれた文字が大きな見出しになります。もう一つ、CSSというスタイルシート言語を使うと、見た目を自由にカスタマイズすることができます。
ヒロ:スタイルシートって何ができるんですか?
タクミ:例えば、文字の色や大きさ、背景色や画像の配置などを指定することができます。また、JavaScriptというプログラミング言語を使うと、Webページに動きをつけたり、入力フォームのチェックを行ったり、様々な機能を追加することができます。
ヒロ:なるほど、分かりました!ありがとうございます、タクミ先生!

ワールドワイドウェブ上のページを構成する要素は何ですか?

ヒロ:タクミ先生、ワールドワイドウェブ上のページはどんな要素で構成されているんですか?
タクミ:ページは、文章や画像、動画などのコンテンツが載っているんだよ。それらを配置するために、タグというものを使うんだ。
ヒロ:タグって何ですか?
タクミ:タグは、HTMLという言語で書かれた指示書のようなものだよ。例えば、imgタグを使うと画像が表示できるし、pタグを使うと段落が表示されるんだ。
ヒロ:なるほど、タグが要素の位置を決めるんですね。ありがとうございます。
タクミ:そうだね、タグは重要な要素の1つだよ。他にもCSSというスタイルシートがあって、ページのデザインを整える役割もあるんだ。たとえば、文字の色や大きさ、背景の色などを設定できるよ。
ヒロ:なるほど、CSSでデザインができるんですね。勉強してみます。ありがとうございます!

ワールドワイドウェブにはどのような種類のサイトがありますか?

ヒロ:タクミ先生、ワールドワイドウェブってどんなサイトがあるんですか?
タクミ:ヒロくん、ワールドワイドウェブには様々な種類のサイトがありますよ。例えば、ニュースや天気予報、地図、SNS、オンラインショッピング、動画共有サイトなどがあります。
ヒロ:なるほど、面白そうですね。でも、どうして「ワールドワイド」ってついているんですか?
タクミ:そうですね。ワールドワイドは英語で「全世界的な」という意味です。つまり、インターネットを介して世界中の情報を収集することができるということです。例えば、海外のニュースを見たり、世界中の人とコミュニケーションを取ったりできますよ。
ヒロ:なるほど、すごいですね。でも、それってどうやってできるんですか?
タクミ:インターネットという仕組みを使って、世界中の情報をやり取りしています。たとえば、あなたがスマートフォンやパソコンでインターネットに接続すると、インターネット上にあるサーバーというコンピュータと通信します。そして、そのサーバーから情報を取得したり、情報を送信することで、世界中の人とコミュニケーションを取ったり、取得した情報を閲覧したりすることができるんですよ。
ヒロ:なるほど、サーバーというのは、もう一つのコンピューターのことですか?
タクミ:そうそう、サーバーはコンピューターの一つです。ただ、一般のパソコンとは違い、大量の情報を保存しておいたり、多数のユーザーからの要求に応えたりするために、高性能なハードウェアやソフトウェアを使っています。例えば、大手企業や有名なウェブサイトなどが、自分たちのサーバーを構築しているんですよ。
ヒロ:なるほど、そういうことだったんですね。ありがとうございます、タクミ先生。

ワールドワイドウェブのアクセス権は誰が持っていますか?

ヒロ:タクミ先生、ワールドワイドウェブのアクセス権は誰が持っていますか?
タクミ:それは少し複雑な話なんだけど、一言で言うと「持っている人がいない」ということかな。
ヒロ:え、何?どういうことですか?
タクミ:例えば、公園にある芝生は誰でも踏むことができるように開放されていますよね。それと同じように、ワールドワイドウェブは誰でもアクセスすることができます。でも、それを可能にするためにはたくさんの人の協力が必要なんです。
ヒロ:たくさんの人?
タクミ:そう、たくさんの人や組織が、ネットワークやプロトコルを開発して、インターネットを構築してきたんです。そして今でも、たくさんの人がWebを支えるために働いているんだよ。
ヒロ:なるほど、それで誰もアクセス権を持っていないってことですね。
タクミ:それだけじゃなくて、Webの閲覧や利用には規則があります。例えば、Webサイトを設置する人は、利用者のプライバシーや著作権などを守るために規則に従う必要があるんです。
ヒロ:なるほど、規則があるんですね。ありがとうございます、すごくわかりやすかったです。

ワールドワイドウェブにはどのようなセキュリティ上のリスクが存在しますか?

ヒロ:タクミ先生、ワールドワイドウェブにはどのようなセキュリティ上のリスクが存在しますか?
タクミ:それはいい質問だね。例えば、パスワードを簡単にしたり、同じパスワードを使い回したりすると、ハッカーに簡単にアクセスされてしまうことがあるよ。また、ウェブサイトで個人情報を入力する時に、安全でないサイトに入力すると情報が漏洩する危険性があるんだ。
ヒロ:なるほど、パスワードは複雑でかつ定期的に変えた方がいいってことですね。
タクミ:その通りだよ。そして、クリックしたリンクが危険なサイトにつながっている場合もあるから、リンクを開く前に注意してほしいな。
ヒロ:難しいことが分かりやすく説明してくれてありがとうございます!

ワールドワイドウェブを利用する上での良い利点は何ですか?

ヒロ:タクミ先生、ワールドワイドウェブはどんな良い利点がありますか?
タクミ:いい質問だね、ヒロ君。世界中の情報にアクセスできるという利点があるよ。例えば、今日調べたい話題があるとして、本を探したり、専門家に会いに行く必要がなくなるんだ。
ヒロ:すごいですね!他にも何かありますか?
タクミ:そうだね。ワールドワイドウェブは、様々な人とコミュニケーションすることができるという利点もあるよ。例えば、海外に住んでいる友達とも容易に連絡を取ることができるんだ。
ヒロ:それは便利ですね。ワールドワイドウェブを使うことのメリットが分かりました。ありがとうございます、タクミ先生!

ワールドワイドウェブを利用する上での欠点は何ですか?

ヒロ:タクミ先生、こんにちは。ワールドワイドウェブを利用する上での欠点って何ですか?
タクミ:うーん、欠点ですね。たくさんありますが、例えば情報が誤ったり、偽の情報があったりすることがあります。あと、情報の取り扱いに気をつけないと、個人情報が漏れたり、悪い人に悪用されたりする可能性もあります。分かりやすく言うと、ネット上の情報は本当に信用できるかどうか、見極める目が必要なんですね。
ヒロ:なるほど、確かにそうですね。でも、それでも私はプログラマーになりたいです。どうすればいいですか?
タクミ:素晴らしい目標だね、ヒロさん。プログラマーは情報を処理したり、ソフトウェアを作ったりする仕事なので、情報を見る目を養うのも大切だよ。それと、最新の技術やトレンドを追いかけることも忘れないでね。勉強を続け、そして自分でも新しいアイディアを出して、これからの世界を作っていこう。ヒロさんならきっと、素晴らしいプログラマーになれるよ。

ワールドワイドウェブの影響力はどのように変化してきたのですか?

ヒロ:タクミ先生、こんにちは。ワールドワイドウェブってすごいですよね。最近、影響力がどんどん増していると聞いたんですが、それってどういうことなんですか?
タクミ先生:そうですね。ワールドワイドウェブは、情報が瞬時に世界中に広がることができる、すごいインフラですね。インフラというのは、例えば道路や電気など、社会を支える大切な設備のことです。
ヒロ:なるほど、インフラって大事だということですね。でも、何が変化したんですか?
タクミ先生:そうですね。最近は、スマートフォンやSNSなどの普及によって、より簡単に情報が共有されるようになりました。ですから、昔は新聞やテレビなどのメディアが情報を発信していたのが、今は個人でも情報を発信することができるようになったということが挙げられます。
ヒロ:個人でも情報を発信することができるようになったんですか?すごいですね。でも、そうなると、どうやって正しい情報を見分けるんですか?
タクミ先生:そうですね。これは少し難しい質問ですね。正しい情報を見分けるには、情報を掲載するサイトの信頼性を見極めることが重要です。たとえば、大手メディアや官公庁の公式サイトは信頼性が高いと言えます。また、複数の情報源から情報収集することも大切ですね。
ヒロ:わかりました。サイトの信頼性を見極めて、複数の情報源から情報収集することが大切なんですね。ありがとうございました、タクミ先生。

ワールドワイドウェブ上の情報収集に役立つツールは何ですか?

ヒロ: タクミ先生、将来プログラマーになるために、ワールドワイドウェブ上の情報収集に役立つツールって何があるんですか?
タクミ: よく聞いてくれ、ヒロくん。ワールドワイドウェブ上の情報収集に役立つツールは、Google検索エンジンやWikipedia、GitHub などがあるよ。例えば、Google検索エンジンは、日本中の情報を簡単に検索できるし、Wikipediaは、調べたいことの基礎知識が集められているから、参考になるよ。GitHub は、プログラムを書く人が、自分の作ったプログラムを公開して共有できるところだよ。これらのツールは、情報収集に役立つし、日本中、そして世界中の人々によって使われているんだ。

ワールドワイドウェブを活用したビジネスの取り組みは何ですか?

ヒロ:タクミ先生、ワールドワイドウェブを活用したビジネスって何ですか?
タクミ先生:良い質問だね。例えば、ネットショップがあるよね。商品を商品カタログに載せて、注文フォームを用意して、ネット上でお金を払って、商品を届けるっていうビジネスがあるんだよ。
ヒロ:なるほど。どうやってホームページを作るのですか?
タクミ先生:ホームページ作成ツールがたくさんあるんだけど、例えばWordPressは無料で使えて、デザインもいろいろなテンプレートがあるよ。あとは、HTML・CSS・JavaScriptという言語を使って、ゼロから手作りすることもできるんだけど、それだと勉強も必要だし、手間もかかるね。
ヒロ:わかりました!ありがとうございます!

ワールドワイドウェブにはどのような統制があるのですか?

ヒロ:タクミ先生、こんにちは。ネットを使う上で気になることがあるんです。ワールドワイドウェブって、どんな統制があるんですか?
タクミ:そうですね。ワールドワイドウェブでは、主に2つの統制がありますよ。1つは法律による統制で、もう1つは技術的な統制です。
ヒロ:法律って、どういうことですか?
タクミ:例えば、インターネット上で違法な行為を行うと、犯罪になることがあります。また、著作権を侵害したり、プライバシーを侵害したりすることも法律で禁止されています。
ヒロ:ああ、なるほど。じゃあ、技術的な統制って何ですか?
タクミ:ネット上で悪意のある行為をする人を捕まえるために、IPアドレスやログデータなどを記録しています。また、有害なコンテンツやウイルスなどを検知して、ブロックすることも技術的な統制の一つです。
ヒロ:なるほど、ありがとうございます。でも、それって誰がやってるんですか?
タクミ:それは、国や企業などが行っています。国によっては、ネット規制が強くなっているところもありますが、基本的には、個人の自由を守りながら安全なネット環境を作るために行われています。

ワールドワイドウェブの利用者数はどの程度ですか?

ヒロ: ワールドワイドウェブって、世界中の人が使っているんですか?利用者数はどの程度なんですか?
タクミ: そうだね、ワールドワイドウェブは世界中の人が使っているよ。でも正確な数はわからないんだ。例えば、昨日あなたが買い物に行ったスーパーで、世界中の人が同時に買い物をするのと同じようなことが、ワールドワイドウェブ上で行われているんだ。
ヒロ: すごいですね!でも、もう少し具体的な数字が知りたいです。
タクミ: そうだね。2019年の統計によると、世界中で約44億人がインターネットを利用しているんだ。そのうちの7割以上はスマートフォンやタブレットを使っているよ。
ヒロ: 44億人!すごい数字ですね。ありがとうございます!
タクミ: どういたしまして。でも、数字だけでは伝わりにくいかもしれないね。例えば、地球上にある人口は約77億人だけど、そのうちの1人が1日に1秒ずつ写真をアップロードしたとしたら、それでも33年はかかるんだ。こんな感じで、数字だけではなく、例え話をして理解しやすくしていくといいかもしれないね。

ワールドワイドウェブとソーシャルメディアの違いは何ですか?

ヒロ:タクミ先生、ワールドワイドウェブとソーシャルメディアって何が違うんですか?
タクミ:うーん、ヒロさん、イメージがしにくいかもしれないけど、例えばね、ワールドワイドウェブは全世界に繋がっている情報の集まりのことだよ。一方で、ソーシャルメディアは人と人が繋がって交流することが主眼のサービスなんだ。
ヒロ:あー、なるほど!確かに言われてみればそうですね。でも、それってどう違うんですか?
タクミ:人と人が交流する場合、情報はあくまで中身で、人同士がコミュニケーションをとることが大切なんだ。ワールドワイドウェブは、情報の発信が主眼のサービスだからね。言い換えると、ワールドワイドウェブは情報の横断境界を越えて、価値を共有するプラットフォームで、ソーシャルメディアは、人と人がつながりを持つプラットフォームだと言えるよ。何か質問があるかい?

ワールドワイドウェブ上で出会った人との交流について語ってください。

ヒロ:タクミ先生、ワールドワイドウェブ上で出会った人と交流するのって、どうやったらいいですか?
タクミ:ヒロさん、まずは出会った相手と仲良くなることが大切です。例えば、共通の趣味や興味があることを探して、その話題で盛り上がると良いでしょう。それから、相手がどういう人なのかを確認するために、気軽な話題から徐々に個人的な話にも入っていくと良いですよ。
ヒロ:なるほど、共通の話題っていうと、例えばゲームとか、プログラム作成に興味のある人とか、そういう感じですか?
タクミ:そうですね。あとは、相手が投稿したコードやプログラムを見て、感想を言ったり、技術面でのアドバイスを求めたりするのも良いかもしれません。ただ、出会ったばかりの人と個人情報を共有することは危ないので、注意しましょうね。
ヒロ:了解です。共通の話題で盛り上がって、徐々に個人的な話に入っていくんですね。ありがとうございます、タクミ先生。

ワールドワイドウェブが将来的にどのように進化していくのか予測してください。

ヒロ:タクミ先生、将来のワールドワイドウェブを予測するとしたら、どういう方向に進化すると思いますか?
タクミ:それはね、例えば現在のウェブページはほとんどがテキストと画像で構成されていますが、将来的にはより多様な形態の情報が扱えるようになると思われます。VR空間や3Dグラフィックスを採用したウェブページが増えて、より臨場感あふれる体験が可能になるでしょう。また、AI技術の進化で、ウェブページが自動的に個人の好みに合わせた情報を提供できるようになることも予想されます。
ヒロ:なるほど、なんだか面白そうですね。でも、AIの進化が進んで、人間が必要とされなくなるんじゃないですか?
タクミ:そういう懸念は理解できますが、AIもまた人間がプログラミングを行って作られたものです。ですから、AIが発展しても、常に人間に管理される必要があると考えられています。それに、AIが人間に代わってあらゆることを行うことはできません。例えば、クリエイティブな創造性や人間とのコミュニケーションなど、人間ならではの能力は重要です。
ヒロ:なるほど、そういうことなんですね。AIが発展しても、人間が必要とされるんですね。
タクミ:そうですね。将来のワールドワイドウェブは、より多様な形態の情報が扱えるようになると同時に、人間とAIが連携してより良いウェブページを作り上げることが必要とされるでしょう。