〒518-0418 三重県名張市富貴ヶ丘5番町96番地

この1分の動画を見てから、記事を読めばより理解が深まるよ!

目次

情報の教科書に出てくる「フェイクニュース」について教えて!

「情報」の授業で必ず触れられる「フェイクニュース」について、ヒロ君は気になっているようですね。フェイクニュースとは、虚偽の情報を意図的に流して人々を誤認させる手法のことです。これを心得ない人が受け止めた場合、混乱や誤った判断を招く恐れがあります。このため、フェイクニュースに対して批判的な目を持ち、情報を正しく選び取る力を身につけることが大切です。安易に情報を鵜呑みにせず、自分で情報の真偽を見極める力を身につけましょう。

フェイクニュースとは何ですか?

ヒロ: タクミ先生、フェイクニュースって何ですか?
タクミ: うん、いい質問だね。フェイクニュースっていうのは、嘘のニュースのことなんだよ。
ヒロ: 嘘のニュースってどういうことですか?
タクミ: 例えば、ある政治家が不正をしているというニュースが出たとして、それが真実じゃなくてただの噂だったとしたら、それがフェイクニュースになるわけだよ。
ヒロ: なるほど、嘘のニュースっていうことですね。でもなんで嘘のニュースが広まってしまうんですか?
タクミ: それはね、インターネットの普及が大きく関わっているんだ。誰でも簡単に情報を発信できるようになったから、正しい情報と嘘の情報が混ざり合って広がってしまうんだ。
ヒロ: なるほど、フェイクニュースがどう影響するかっていうのも知りたいです。
タクミ: 影響としては、人々の意見や価値観を歪めたり、社会や政治に大きな影響を与えたりすることがあるんだよ。だから、正しい情報を見分ける力が必要になってくるんだ。

なぜフェイクニュースが問題になっているのですか?

ヒロ: タクミ先生、フェイクニュースが問題になっているって聞いたんですけど、なんでですか?
タクミ: そうですね、最近はフェイクニュースが問題になっています。例えば、昨年のアメリカ大統領選挙で、フェイクニュースが拡散されたために、選挙結果に影響を与えたと言われています。
ヒロ: なるほど、でも、フェイクニュースって何ですか?
タクミ: フェイクニュースとは、真実ではなく、意図的にでっち上げられたものを指します。例えば、偽の報道や偽の情報をSNSやネットで拡散することが挙げられます。
ヒロ: なるほど、でも、どうしてそんなことをするんですか?
タクミ: それは様々な理由がありますが、一つは大々的に報道されることで知名度をあげたい企業や政治家などが、自分たちの都合の良い情報を広めるために行うことがあるんです。
ヒロ: そうなんですね。でも、フェイクニュースを広めると何が問題なんですか?
タクミ: それは、真実と違う情報が広まることで、人々が混乱したり、誤った行動を取ってしまうことがあるからです。また、本当の事件や事実がフェイクニュースと混同されてしまうこともあります。
ヒロ: なるほど、フェイクニュースって怖いんですね。僕も将来は信頼できる情報を発信するようなプログラムを作って、社会貢献できるようになりたいです。
タクミ: 素晴らしい目標ですね。私たちプログラマーには、人々が信頼できる情報を得られるように、正確で透明性の高いシステムを作ることが求められています。がんばりましょう!

フェイクニュースの影響力はどの程度ありますか?

ヒロ:タクミ先生、フェイクニュースって本当に影響力あるのかな?
タクミ:それはどういう意味ですか?フェイクニュースって、嘘や偽情報を流すことを指すんだよ。例えば、『地球は平らだ』とかね。
ヒロ:それが広がると、人々の思考や判断にも影響が出るって聞いたことがあるんです。
タクミ:それは正しいですね。悪意のある人たちが、フェイクニュースを利用して、人々の意見や行動に影響を与えようとすることがあります。例えば、選挙の際に政治家のイメージダウンを狙って、批判的なフェイクニュースを流したりすることがあります。
ヒロ:そうすると、フェイクニュースを信じて誤った選択をしてしまったり、間違った方向に動いたりすることもあるってことですね。
タクミ:そうです。そのようにフェイクニュースによって、人々の思考や行動が歪められることがあります。だからこそ、私たちは情報に対して常に批判的な目を持って、信頼できる情報源から得られた情報に基づいて判断をすることが大切なんですよ。

フェイクニュースの種類はありますか?

ヒロ: タクミ先生、フェイクニュースって何ですか?種類はあるんでしょうか?
タクミ: フェイクニュースとは、本当ではない情報を意図的に広めることです。例えば、健康に良くないと言われている食品を健康に良いと言い張ったり、政治家のスキャンダル情報を捏造して流したりすることがありますね。種類としては、政治に関するものや健康に関するものなど様々です。
ヒロ: わかりました!具体例を教えていただいてありがとうございます。どうやってフェイクニュースを見分けることができるんですか?
タクミ: 確かに、フェイクニュースが拡散されると大変なことになりますね。フェイクニュースを見分ける方法としては、信頼できる出所から発信されたものかどうか、文章に不自然な点がないかどうか、過剰な感情表現や誇張がないかどうかを見ることが大切です。自分自身で情報を比較検討することが大切ですよ。

フェイクニュースを発信する目的は何ですか?

ヒロ:タクミ先生、フェイクニュースって何ですか?
タクミ:なんだか気になることを聞いたね。フェイクニュースというのは、真実ではない、嘘のニュースのことだよ。釣り記事や誤報などがそれにあたるんだ。
ヒロ:嘘のニュースを作る人たちは、なぜ作るんですか?
タクミ:それは様々な理由があるかもしれないけど、「注目されるから」や「影響力を持つため」などが主な理由だね。でも、フェイクニュースを作ることで、人々に害を与えることもあるんだよ。
ヒロ:害を与えるって、どういうことですか?
タクミ:例えば、フェイクニュースを信じてしまった人たちが、その情報に基づいて自分たちの行動を変えたり、誤解を生んだりすることがあるんだ。それによって社会全体に悪影響を及ぼすことになる場合もあるんだよ。だから、真偽をしっかり確認することが大切なんだ。

フェイクニュースを見抜くためにはどうすればいいですか?

ヒロ:タクミ先生、フェイクニュースって何ですか?
タクミ:確かに、フェイクニュースという言葉がよく出ますね。簡単に言うと、事実と違う情報を意図的に拡散することです。
ヒロ:なるほど、じゃあどうやって見抜けばいいですか?
タクミ:まず、出所を確認する事です。信頼できるニュースサイトから発信されたものかどうか、チェックすることが大切です。また、情報の内容を疑うことも必要です。現実的にあり得る情報かどうか、自分で考えてみることが重要です。
ヒロ:そういうことですね。物事を疑ってかかることが大事なんですね。
タクミ:そうですね。特に、SNSなどで拡散される情報は、事実と異なることが多いので、注意が必要です。
ヒロ:分かりました。ありがとうございました、タクミ先生。
タクミ:いいえ、どういたしまして。もし分からないことがあれば、いつでも聞いてくださいね。

フェイクニュースを拡散する人たちの心理は何ですか?

ヒロ:タクミ先生、フェイクニュースを拡散する人たちの心理って何ですか?
タクミ:それはね、人によって理由はいろいろあるけれど、大きな原因はね、情報を信じる能力が低いことなんだよ。
ヒロ:情報を信じる能力が低いってどういうことですか?
タクミ:例えばさ、お菓子を食べたら太るって言われたら、本当にそれが正しいのかを考えたり、調べたりするでしょう。でもね、ニュースの場合、その情報が自分の意見や思い込みに合致すると、正しいかどうかを疑わずに受け入れるんだよ。
ヒロ:それって偏った意見が大勢を占めた場合、偽の情報を広めることになってしまいますよね。
タクミ:そうなんだよ。偏った意見が広がり、真実から離れ、人々が混乱する原因にもなるんだ。だから私たちは、自分の意見や思い込みに振り回されず、常に正しい情報を得るために、自分の能力を高め、情報を選別することが大事なんだよ。

フェイクニュースが拡散される原因には何があるでしょうか?

ヒロ:タクミ先生、フェイクニュースが拡散される原因って何ですか?
タクミ先生:それはいくつかあるよ。例えば、情報を鵜呑みにすることが挙げられるね。SNSやインターネットで見つけた情報が本当かどうかを確認しないで、すぐに拡散してしまうことがあるんだ。それと、自分の意見を持つことができない人たちも原因の一つだよ。情報に疑問を持つことなく、そのまま信じてしまう人たちがいるんだ。
ヒロ:なるほど、情報を疑ってかかることが大事なんですね。
タクミ先生:そうだね。例えば、新しいスマホが発売されたと聞いたとするよ。SNSでその情報を見つけたら、すぐに信じて拡散しないでほしい。ちょっと考えてみると、その噂が本当かどうかなんて分からないよね。それと同じように、情報に対して疑問を持つことが大事だよ。

フェイクニュースが社会に与える影響は何ですか?

ヒロ: フェイクニュースが社会に与える影響は何ですか?
タクミ: それはとても重要な問題ですね。例えば、フェイクニュースによって、人々が誤った情報を信じてしまい、誤った判断を下したり、悪影響を受けたりすることがあります。それが社会に与える影響です。
ヒロ: 他にどんな影響があるんですか?
タクミ: たとえば、フェイクニュースが拡散され延々と広がっていくこともあります。それによって、ますます多くの人々がその情報を信じ、偏った意見や誤解が広がります。それが社会に与える影響も大きいです。
ヒロ: そういうことが問題なんですね。どうすればフェイクニュースを防げるんですか?
タクミ: まず、自分たちが信じる情報は、信頼できる情報源から得るようにしましょう。また、自分が見た情報が本当に事実なのか、疑うことも大切です。そして、自分が拡散する情報も、しっかりと確認してから拡散するようにしましょう。それがフェイクニュースを防ぐ方法です。

フェイクニュースに対して、どういう取り組みがされていますか?

ヒロ:タクミ先生、最近フェイクニュースが多くて怖いんです。どうやって対処したらいいんですか?
タクミ:フェイクニュースに対処するには、まず信頼できる情報源を見つけることが大切です。例えば、報道機関や公式サイトなどですね。
ヒロ:信頼できる情報源なんですね。でも、フェイクニュースを見分けるのって難しくないですか?
タクミ:確かに、フェイクニュースを見分けるのは難しいです。でも、自分が読んだニュースを疑うことも大切です。例えば、タイトルだけで判断せずに、記事全体を読んで内容を確認するとか、複数の情報源を見比べるとか。
ヒロ:タイトルだけで判断しちゃいけないんですね。複数の情報源を見比べるっていうのは、どういうことですか?
タクミ:例えば、同じニュースが複数の報道機関で報じられていれば、それが信頼できる情報である可能性が高くなります。逆に、1つの情報源だけで報じられているような場合は、慎重になった方がいいです。
ヒロ:なるほど、同じニュースが複数の報道機関で報じられている場合は信頼できる情報源かもしれないんですね。でも、それって時間がかかるじゃないですか。
タクミ:そうですね。時間がなくても、自分が見つけた情報を疑ってみることが大切です。情報をあまり鵜呑みにせず、自分で判断することができるようになると、フェイクニュースにも対処しやすくなるかもしれませんよ。

フェイクニュースを報じるメディアに対して、どのような評価がされていますか?

ヒロ:タクミ先生、フェイクニュースを報じるメディアって、どういうものなんですか?
タクミ:まあ、簡単に言えば、フェイクニュースとは本当ではない情報を流す媒体のことですよ。例えば、政治家の発言を偽造した記事や、医療の専門家が偽のデータを使った記事など。
ヒロ:なるほど、でも、フェイクニュースってどうして流れるんですか?
タクミ:それは、記事を書く側が本当に調べているのか、確かめないままに急いで記事を作ってしまうためですね。また、拡散されることで反響が大きくなり、広告収益などで儲かることもあります。
ヒロ:なるほど、でも、読者はどうすればフェイクニュースを見分けられるんですか?
タクミ:読者がフェイクニュースを見分けるには、一つの手段として、複数の媒体から情報を集めることが大切ですね。また、自分が興味を持ったことについて、自分で調べ、情報を正確に集めることも大切ですよ。

フェイクニュースを拡散するSNSの責任は何ですか?

ヒロ:タクミ先生、フェイクニュースを拡散するSNSの責任は何ですか?
タクミ先生:それは非常に難しい問題ですね。SNSは情報を広く拡散する力を持っていますが、情報の正確性を保証する義務はありません。例えば、あなたが友達に嘘の情報を教えた場合、友達がそれを広めたとしてもあなたに直接責任はありませんよね?
ヒロ:そうですね。でも、広く知られた人が嘘を拡散した場合はどうですか?
タクミ先生:それは問題ですね。有名人やメディアが拡散する場合、情報に責任を持つ必要があると言われます。同じように、SNSの運営会社も、拡散された情報の正確性を確認する義務があるという考え方もあります。しかし、誰がどこまで責任を持つかは、まだ明文化されていない部分が多いです。
ヒロ:了解しました。ありがとうございます。
タクミ先生:どういたしまして。もしも何か分からないことがあったら、いつでも聞いてくださいね。

フェイクニュースを拡散しないために、SNSユーザーができることは何ですか?

ヒロ:タクミ先生、SNSでフェイクニュースを拡散しないために、何かできることはありますか?
タクミ:ええ、それはとても大事なことですね。まずは、SNSで流れている情報が本当に正しいかどうか、しっかりと判断することが大切です。例えば、猫が空を飛んでいる動画が流れたとします。でも、それは本当に可能なことでしょうか?そう思って調べてみると、それはCGの動画だと分かりました。つまり、情報を拡散する前に、自分でちゃんと調べることが大切なのです。
ヒロ:なるほど、それなら調べ方や情報の信頼性の判断はどうすれば良いですか?
タクミ:そうですね。初めて見た情報については、複数のソースで確認をすることが大切です。例えば、ニュースサイトや専門家が書いている記事、政府の公式発表などを見てみましょう。それから、その情報がSNS上で拡散されている人の信頼性や、偽の情報を流すことが目的ではないか、といった点も考慮する必要があります。
ヒロ:なるほど、たしかに自分で調べて確かめることが大切だということがわかりました。ありがとうございます!

フェイクニュースと創作物の違いは何ですか?

ヒロ: タクミ先生、フェイクニュースと創作物の違いって何ですか?
タクミ: それはね、フェイクニュースは過去や現在に起きた出来事を、本当とは違う内容に書き換えたり、でっち上げた情報を広めることを言います。一方、創作物はただのフィクションで、あくまで架空の物語やキャラクター、世界を表しているんだよ。
ヒロ: あー、つまりフェイクニュースは現実の出来事をうそっぽくしてるってことで、創作物は自由に創ったもので、現実とは関係ないってことですね。
タクミ: そうそう、それが一番分かりやすい例えだね。フェイクニュースにはくれぐれも注意してね。いつでも情報には疑いを持って、信頼できる情報源を見極めるように心がけてね。

フェイクニュースを作成する人たちの動機は何ですか?

ヒロ:タクミ先生、フェイクニュースを作成する人たちはどんな動機があるんですか?
タクミ:いい質問だね。実は、フェイクニュースを作成する人たちは何種類かいるんだ。例えば、政治的な理由で作る人、エンターテインメントのために作る人、そして、お金儲けのために作る人がいるんだ。
ヒロ:なるほど、政治的な理由とは具体的にどういうことですか?
タクミ:例えば、選挙中に、どちらかの候補者をけなすフェイクニュースを作って、相手を貶めたり、自分の候補者を有利にするために作る人がいるんだよ。ただし、これは選挙法違反になるので、絶対にやってはいけないことだからね。
ヒロ:そうなんですね、もう1つのエンターテインメントのために作る場合はどういうことなんですか?
タクミ:例えば、有名人のスキャンダルを作り上げたり、嘘のニュースを流すことで、人々を喜ばせたり、驚かせたりすることがあるんだ。でも、それでもやってはいけないことだよ。嘘を広めることは誰かを傷つけたり、社会に悪影響を与えたりするからね。

フェイクニュースを作成する人たちの特徴はありますか?

ヒロ:フェイクニュースを作成する人たちの特徴はありますか?
タクミ:そうですね、フェイクニュースを作成する人たちには、嘘をつくことを得意とする人がいます。例えば、模試の結果を嘘の点数に書き換えるような人ですね。また、自分の信念や意見を広めたいという人もいて、それに合わせたフェイクニュースを作ることがあります。あとは、騒動を起こして注目が集まることで得をしようとする人もいるかもしれませんね。

フェイクニュースを検証するためにどのような方法がありますか?

ヒロ: タクミ先生、フェイクニュースを検証するために何か方法はありますか?
タクミ: 確かに、フェイクニュースが多い現代においては、情報を正しく判断することが重要ですね。まずは情報源を確認しましょう。例えば、政府や有名なメディアから出ているニュースは信頼性が高く、個人のブログやSNSから出ている情報は信頼性が低い可能性があります。また、複数の情報源から同じような情報が出ているか確認することも大事です。
ヒロ: なるほど、情報源を確認することが大事なんですね。でも、情報源が偽装されていた場合はどうしたらいいですか?
タクミ: そうですね。それは難しい問題ですが、まず最初に疑わしいと感じたら別の情報源でも確認することが必要です。また、情報を出す側が自分の主張を利用している場合があるので、どんな意見が書かれているか、また誰が書いたかも確認する必要があります。
ヒロ: なるほど、情報源だけでなく、書いている人や意見も重要なんですね。でも、私は情報源を調べるためにどこを見たらいいのでしょうか?
タクミ: そうですね。政治、経済、科学など、ニュースの分野によって違うのですが、NHKや日経新聞などのような有名なメディアのウェブサイトやテレビ、ラジオを見たり聞いたりすることができます。また、官公庁のウェブサイトなども参考にすることができます。
ヒロ: 分かりました!有名なメディアのウェブサイトを見たり、官公庁のウェブサイトも見るんですね。ありがとうございます!
タクミ: どういたしまして。大事なことは、情報に対して疑いの目を持つことです。常に慎重に確認することが必要です。

フェイクニュースが拡散されることで、どのような社会問題が起こる可能性がありますか?

ヒロ:タクミ先生、フェイクニュースって何ですか?
タクミ:そうですね、フェイクニュースとは、本当でない情報や、嘘の情報を故意に広めたりすることです。例えば、ある政治家が不倫をしているというニュースが、実際には本当ではなく、悪意ある人が作った嘘の記事でも、それが広まってしまうことをフェイクニュースと言います。
ヒロ:フェイクニュースが広がると、どのような問題が起こるのでしょうか?
タクミ:例えば、政治家や企業などの信用が損なわれたり、疑わしい情報に基づいて間違った決定がなされたりすることがあります。また、フェイクニュースが広がってしまうと、人々の判断力が鈍ってしまい、真実を見分けることが難しくなってしまいます。
ヒロ:どうすればフェイクニュースと本当のニュースを見分けることができますか?
タクミ:まず、信頼できるメディアからの情報を集めることが大切です。また、自分で情報を確認することも必要です。たとえば、あるニュースに疑問を持ったら、その情報が出所となっている公式サイトや、他の記事を参照してみるなど、情報を掘り下げることが大事です。そして、過去に信頼性の低い情報を発信していたサイトや情報源からの情報には注意が必要です。
ヒロ:なるほど、自分で情報を確認することが大切なんですね。ありがとうございました、タクミ先生!
タクミ:どういたしまして、いつでも質問してくださいね、ヒロ君。

フェイクニュースを見た人が誤解する可能性があることは何ですか?

ヒロ:タクミ先生、フェイクニュースってどうやって作られるんですか?
タクミ:よく聞いたね、ヒロくん。フェイクニュースは、本当にあったこととすごく似せたニュース記事を作って、嘘の情報を流すんだよ。
ヒロ:なるほど、じゃあそういうニュースを見た人が、その情報を信じて誤解することがあるってことですか?
タクミ:そうだね。ただ、フェイクニュースだと判明した時には、すでに誤解が広まってしまっている場合があるから、注意しようね。

フェイクニュースを拡散する事が違法な行為となる場合があるのでしょうか?

ヒロ:先生、フェイクニュースを拡散することって違法なんですか?
タクミ:そうだね、違法になる場合もあるんだよ。
ヒロ:どういう場合に違法になるんですか?
タクミ:たとえば、誰かの名誉を傷つけるようなフェイクニュースを拡散した場合、名誉毀損にあたってしまうから違法になるんだ。
ヒロ:なるほど、名誉毀損にあたると違法なんですね。
タクミ:そうだよ。さらに、国の安全保障にかかわる情報を拡散することも違法だよ。
ヒロ:わかりました、違法な事には気をつけてフェイクニュースを拡散しないようにします。
タクミ:その気持ちが大事だね。大切なのは、信頼に値する情報をしっかりと確認することだよ。