〒518-0418 三重県名張市富貴ヶ丘5番町96番地

この1分の動画を見てから、記事を読めばより理解が深まるよ!

目次

情報の教科書に出てくる「ドメイン名」について教えて!

こんにちは、タクミ先生です。ヒロ君、将来プログラマーを目指しているのですね。素晴らしい目標ですね。今日は情報の教科書に出てくる「ドメイン名」についてお話ししましょう。ドメイン名とは、インターネット上で存在するWebサイトやメールサーバーの住所のようなものです。たとえば、Googleのドメイン名は「google.com」となります。このように、ドメイン名はユーザーがWebサイトやメールサーバーにアクセスするために必要なものなのです。専門用語ですが、こういった用語も理解するとプログラマーとしてのスキルアップにつながりますよ。今後も質問があれば遠慮なく聞いてくださいね。

ドメイン名とは何ですか?

ヒロ: タクミ先生、ドメイン名って何ですか?
タクミ: そうですね、ドメイン名とは、ウェブサイトやメールアドレスなどのネットワーク上の場所を示すための住所のようなものです。例えば、google.comやyahoo.co.jpがドメイン名です。
ヒロ: 住所ってどういうことですか?
タクミ: ええと、住所というのは、実際の家や建物がどこにあるかを示すためのものですよね。同じように、ドメイン名はウェブサイトやメールアドレスがどこにあるかを示すためのものなんです。
ヒロ: なるほど、住所のようなものですね。でも、なんでgoogle.comとかってドメイン名になるのですか?
タクミ: それは、ドメイン名はネットワーク上の場所を示すためのものだからです。例えば、google.comは、全世界のコンピューターがつながっているネットワーク上で、Googleという会社がどこにあるかを示すために使われているんです。

ドメイン名にはどのような種類がありますか?

ヒロ:タクミ先生、ドメイン名にはどのような種類がありますか?
タクミ:そうですね、ドメイン名にはいくつか種類がありますよ。例えば、会社の名前や商標を使って作る「商標ドメイン」や、地理的な位置を表す「地理ドメイン」があります。他にも、教育機関や政府機関などの公的な機関が使う「公的ドメイン」や、個人が使う「個人ドメイン」もあります。
ヒロ:商標ドメインと地理ドメインって何が違うんですか?
タクミ:商標ドメインは、会社の名前や商標を使って作るドメインです。例えば、マクドナルドのドメイン名は「mcdonalds.com」です。一方で、地理ドメインは、地理的な位置や地域を表すドメインです。例えば、日本の公共放送局が使うドメイン名は「nhk.or.jp」です。分かりにくかったら教えてくださいね。

ドメイン名の構造はどのようになっていますか?

ヒロ:タクミ先生、ドメイン名の構造ってどうなってるんですか?
タクミ先生:よく質問できましたね!ドメイン名は、インターネット上でサイトを識別するための名前のことです。一般的には、wwwや.jpなどの文字列がありますが、これがドメイン名の一部です。それに加えて、ドメイン名にはトップレベルドメイン(.com、.jp、.orgなど)やセカンドレベルドメイン(サイト名)があります。
ヒロ:トップレベルドメインって何ですか?
タクミ先生:トップレベルドメインは、.com、.jp、.org、.net、.eduなどのように、最も上位のドメイン名です。例えば、日本の会社なら.jp、非営利団体なら.orgを採用することが多いですね。ちなみに、日本のトップレベルドメインは、一般的な.[]ドメインに加えて、.jpドメインや、市区町村名を使った.geoドメインがあります。
ヒロ:セカンドレベルドメインってどうやって決めるんですか?
タクミ先生:セカンドレベルドメインは、サイトを識別するためによく使われます。例えば、ニュースサイトなら、「news」、eコマースサイトなら「shop」など、そのサイトの内容に応じた名前にすることが一般的です。また、企業名を使ったり、検索しやすいように、キーワードを含めた名前を選ぶこともあります。

ドメイン名はどのように取得することができますか?

ヒロ:タクミ先生、ドメイン名はどうやって取るんですか?
タクミ:まず、ドメイン名とは、ウェブサイトのアドレスを指します。例えば、「google.com」や「amazon.co.jp」などですね。
ヒロ:あ、分かりました!
タクミ:しかし、すでに使われているドメイン名は取れません。だから、自分の使いたいドメイン名を確認して、空いているかどうかをチェックする必要があります。
ヒロ:確認する方法はなんですか?
タクミ:「whois」というサービスで、ドメイン名を調べることができます。空いている場合は、ドメイン名を取得するために、ドメイン登録サイトにアクセスして手続きをします。
ヒロ:了解しました。ありがとうございました!

ドメイン名を取得する前に注意するべきことは何ですか?

ヒロ:タクミ先生、ドメイン名を取得する前に注意するべきことって何ですか?
タクミ先生:そうですね、ドメイン名を取得する前にはいくつか注意すべきポイントがありますよ。まずは、取得したいドメイン名が誰かに使われていないかどうかを調べることです。例えば、あなたが「example.com」というドメイン名を取得したい場合、すでに別の人が使用していると登録できません。次に、ドメイン名を取得する前に使用規約をよく読むことが大切です。それには禁止事項や制限事項が記載されています。最後に、ドメイン名の有効期限や更新費用を確認しておくことをお勧めします。これらを事前に確認しておくことで、トラブルを未然に防ぐことができますよ。

ドメイン名を所有している人が誰か調べる方法はありますか?

ヒロ:タクミ先生、ドメイン名を所有している人が誰か調べる方法ってありますか?
タクミ:ああ、ドメイン名の所有者を調べる方法ね。そうだな、まずはそのドメイン名が登録されている「WHOIS」というデータベースを調べるんだ。それから、その情報を元にドメイン名を取得したサービスの登録情報を調べることもできるよ。
ヒロ:WHOISって何ですか?
タクミ:WHOISは、インターネットドメイン名を管理する組織が提供している、ドメイン名に関する情報のデータベースだよ。例えば、ドメイン名の取得者やその連絡先、有効期限など、いろいろな情報が載っているんだ。
ヒロ:それで、ドメイン名を取得したサービスって、何ですか?
タクミ:例えば、レジストラと呼ばれるドメイン名登録サービスを使って、ドメイン名を取得したとするよ。そこには、取得者の名前やアドレス、電話番号などの情報が登録されているんだ。それを調べることで、ドメイン名の所有者を特定できるんだ。
ヒロ:なるほど、WHOISとレジストラを調べるんですね。ありがとうございました、タクミ先生!
タクミ:どういたしまして。ドメイン名の調査は、ちょっとした探偵気分で楽しめるから、興味がある人はぜひ試してみてね。

ドメイン名を変更したい場合、どのような手続きが必要ですか?

ヒロ:タクミ先生、ドメイン名を変更したい場合、どのような手続きが必要ですか?
タクミ:まずは、新しいドメイン名を買う必要があります。次に、古いドメイン名のリダイレクト設定を新しいドメイン名に変更する必要があります。これにより、既存のユーザーが新しいドメイン名にアクセスした場合も、古いドメイン名の内容が表示されます。そして、新しいドメイン名の情報を検索エンジンに登録し直す必要があります。
ヒロ:リダイレクト設定って何ですか?
タクミ:リダイレクト設定とは、古いドメイン名から新しいドメイン名への転送設定のことです。例えば、ユーザーが古いドメイン名にアクセスした場合、新しいドメイン名に自動的に転送されるようにすることです。
ヒロ:なるほど。検索エンジンに登録し直す理由は何ですか?
タクミ:検索エンジンは、サイト名やドメイン名などの情報を元に検索結果を表示するため、ドメイン名を変更する場合は、検索エンジンにも情報を登録し直す必要があります。これにより、ユーザーが正しい情報を見つけることができるようになります。

ドメイン名を削除した場合、再度取得することはできますか?

ヒロ:タクミ先生、ドメイン名って削除してもう一度取得できるんですか?
タクミ:ヒロさん、それは取得していた期間が過ぎていなければ再度取得可能ですよ。ただし、他の人が取得中だったり、埋まってしまっていた場合は取得できません。
ヒロ:なるほど、期間ってどれくらいなんですか?
タクミ:例えば、.comドメインならば最大10年間取得可能です。その期間内であれば、削除しても再度取得できますよ。
ヒロ:なるほど、期間って大切なんですね。ありがとうございます!
タクミ:どういたしまして、ヒロさん。大切な情報を失わないよう、期間を管理することもプログラミングにおいては重要ですよ。

ドメイン名の有効期限は何年間ですか?

ヒロ:タクミ先生、ドメイン名の有効期限は何年間ですか?
タクミ:その質問はちょっと難しいな。でも例えば、ヒロさんが友達から借りたゲームソフトでもらった期限のようなものだと思ってもらえるといいかな。ゲームソフトには期限があって、期限が切れると遊べなくなるでしょう?
ヒロ:ああ、分かりました。でもそれって、期限が切れたら、新しいドメイン名を作らないといけないってことですか?
タクミ:そう、その通り!ドメイン名の有効期限が切れたら、新しく取得しないといけないんだ。でも心配する必要はないよ、有効期限の前に更新しておけば、大丈夫だよ!

ドメイン名を使用する上で注意すべき法律はありますか?

ヒロ:タクミ先生、ドメイン名を使う上で気をつける法律ってありますか?
タクミ:そうですね、ドメイン名を選ぶ際には商標権の問題に気をつける必要があります。例えば、他の企業が既に使っている商標と同じドメイン名を使ってしまうとトラブルになることがあります。
ヒロ:商標権ってどういうことですか?
タクミ:商標権とは、企業が商品やサービスを識別するために使用するマークや名称などを法律で保護することです。例えば、コカ・コーラやアップルといった企業の名称やロゴは商標権で保護されています。
ヒロ:なるほど、他の企業と同じ名称のドメイン名を使ったら、その企業とトラブルになるってことですね。
タクミ:そうですね。また、特定のテーマに関するドメイン名を使う場合には、そのテーマについての法律も確認が必要です。例えば、医療に関する情報を扱う場合には医療法に抵触しないように気をつける必要があります。
ヒロ:医療法って何ですか?
タクミ:医療法とは、医師や薬剤師など医療関係者が患者に対して行うべき義務や禁止事項などを定めた法律です。つまり、無資格者が医療関係の情報を発信することは禁じられているということですね。
ヒロ:分かりました!商標権と医療法に気をつけるんですね。ありがとうございました!

ドメイン名を所有する上で重要な役割を果たすDNSとは何ですか?

ヒロ:タクミ先生、DNSって何ですか?
タクミ:ヒロさん、DNSはDomain Name System(ドメインネームシステム)の略で、インターネット上で使用されるドメイン名とIPアドレスの対応表を管理する仕組みです。たとえば、人間は「google.com」というドメイン名を覚えていますが、コンピューターはIPアドレスでしか通信できません。DNSはこの「google.com」というドメイン名がどのIPアドレスに対応するかを知っているので、コンピューターが正しいサーバーにアクセスできるようにしてくれるんですよ。
ヒロ:なるほど、IPアドレスを覚えなくても、ドメイン名でアクセスできるようになるんですね。それでDNSって、インターネット上のどこかにあるシステムなんですか?
タクミ:そうですね、DNSは世界中に存在するサーバーで構成された分散型のシステムなんです。ネットワーク上のあらゆる機器が使用することができるため、大規模かつ高信頼なシステムです。また、DNSはインターネット上で重要な役割を持っているので、各国の政府機関や企業が管理や監視をしています。
ヒロ:分散型のシステムって、一体どういう意味なんですか?
タクミ:分散型とは、複数のノード(サーバー)が互いに独立して連携していることを指します。DNSは、世界中にたくさんのDNSサーバーがあり、それぞれがドメイン名とIPアドレスの対応表を持っているんです。たとえば、あるサーバーがダウンしても、全体的な影響が少なく独立して運用できるので高信頼性がありますね。
ヒロ:分散型って、地震の時にも持続するんですか?
タクミ:そのとおりです!実際、東日本大震災でもDNSは持続していました。それは、分散型であるために、被害を受けた地域だけでなく、別の地域のサーバーが代わりに対応表を提供できるためです。このように、DNSは世界中から信頼され、インターネットで利用されている基盤技術の一つなんですよ。

ドメイン名を複数取得する場合、どのような設定が必要ですか?

ヒロ:タクミ先生、ドメイン名を複数取得するにはどのような設定が必要ですか?
タクミ先生:まず、複数のドメイン名を取得する必要がありますね。その後、DNSレコードを設定することで、ドメイン名をサーバーに割り当てることができます。
ヒロ:DNSレコードって何ですか?
タクミ先生:DNSレコードは、ドメイン名とIPアドレスを関連付けるためのものです。イメージとしては電話番号帳のようなもので、電話番号を検索することで、相手の住所を調べることができます。同じように、ドメイン名をDNSレコードで検索することで、対応するIPアドレスを調べることができるんです。
ヒロ:なるほど、IPアドレスって何ですか?
タクミ先生:IPアドレスは、インターネット上の機器に付けられた住所のようなものです。ドメイン名を検索すると、そのドメイン名が割り当てられたIPアドレスが分かります。そして、そのIPアドレスに移動することで、ウェブサイトやアプリケーションにアクセスすることができるんですよ。

ドメイン名とホスティングサービスの違いは何ですか?

ヒロ:タクミ先生、ドメイン名とホスティングサービスの違いは何ですか?
タクミ:ふむふむ。まず、ドメイン名とは、ウェブサイトの住所のようなものです。例えば、Googleのドメイン名は「google.com」ですね。一方、ホスティングサービスは、ウェブサイトを公開するために必要なサーバーのことです。サーバーは、あなたのウェブサイトを保存・保管する場所です。
ヒロ:なるほど、ドメイン名とは住所で、ホスティングサービスは保存する場所ですか。でも、どうしてそれぞれ分かれているんですか?
タクミ:そうですね。ドメイン名とホスティングサービスは、別々の会社が提供しています。ですから、ドメイン名を購入しても、ホスティングサービスがなければ、ウェブサイトを公開することが出来ません。また、ホスティングサービスを利用するためには、ドメイン名を取得しておく必要があります。
ヒロ:なるほど、別々の会社が提供しているんですね!でも、ドメイン名は買わなくても、ブラウザのURLにIPアドレスを入力すれば見れるんじゃないですか?
タクミ:確かに、IPアドレスを入力すれば、ウェブサイトにアクセスできます。ただし、IPアドレスを覚えるのは大変ですし、人に教えるのも大変です。また、ドメイン名は、ブランドイメージや認知度を高める効果があります。ですから、多くの企業や個人が、ドメイン名を取得し、ホスティングサービスを利用してウェブサイトを公開するのです。
ヒロ:なるほど、ドメイン名の方がわかりやすくて便利ですね!どうやってドメイン名を取得するんですか?
タクミ:ドメイン名を取得するには、ドメインレジストラと呼ばれる会社に申し込む必要があります。申し込みの際には、希望するドメイン名を決めて、登録手続きを行います。登録手続きが完了すると、あなたが希望するドメイン名を使って、ウェブサイトを公開することができます。
ヒロ:なるほど、ドメインレジストラに申し込んで、登録手続きをするんですね!とても勉強になりました!
タクミ:良かったです。もし、何か不明な点があったら、いつでも聞いてくださいね。

ドメイン名を利用する上で有効なセキュリティ対策は何ですか?

ヒロ:タクミ先生、僕はドメイン名を利用する際にセキュリティ対策をしたいです。どんな対策が必要ですか?
タクミ:まず、ドメイン名を取得する際には信頼できるレジストラを選ぶことが大切です。また、セキュリティを高めるためにはSSL証明書を取得し、HTTPS通信を利用することをお勧めします。さらに、不正なアクセスを防ぐためには強固なパスワードの設定や、二段階認証の導入も必要です。以上がドメイン名を安全に利用するための基本的な対策です。分かりやすいでしょうか?
ヒロ:はい、分かりました!ありがとうございます。どうやったらレジストラを信頼できるか分かりますか?
タクミ:一般的には、大手のレジストラであれば信頼性が高いと言えます。また、口コミやレビューを確認することも重要です。レジストラ選びには慎重になって、しっかりと調べるようにしましょう。

特定の地域に焦点を当てたドメイン名があることをご存知ですか?

ヒロ:タクミ先生、特定の地域に焦点を当てたドメイン名があるって本当ですか?
タクミ:そうですね、例えば「.tokyo」や「.nyc」などですね。
ヒロ:それってどういう意味があるんですか?
タクミ:それは、特定の地域に居住している人たちや、その地域に興味がある人たちを対象にした、親近感を抱きやすいドメイン名です。
ヒロ:なるほど、それは便利なんですね。
タクミ:そうですね、例えば、ちょっとしたお店や企業でも、その地域に根付いたイメージを持ってもらえると、地域住民からの支持度も高まると思います。
ヒロ:なるほど、地域に根付いたイメージが大切なんですね。ありがとうございました、タクミ先生!
タクミ:いいえ、どういたしまして。何か分からないことがあったら、遠慮なく聞いてくださいね。

利用規約違反となるようなドメイン名は取得できないのでしょうか?

ヒロ: タクミ先生、ドメイン名を取得するときに、利用規約違反の名前は使えないんですか?
タクミ: そうですね、利用規約には禁止事項が載っています。例えば、人種差別的な言葉やわいせつな単語などは使えません。
ヒロ: なるほど、それはわかります。でも、そのルールを無視すると取得できるんじゃないんですか?
タクミ: それは違いますね。ドメイン名を取得する際には、申請先であるドメイン管理組織が違反に当たるかどうかチェックします。もし違反した場合は、申請が却下されます。
ヒロ: なるほど、そういう仕組みがあるんですね。ドメイン名は自由に取得できると思っていました。
タクミ: そう思われる方が多いですが、実際にはルールがあります。また、ドメイン名を取得する際には、その名前が他人の商標権などを侵害しないかということもチェックされます。
ヒロ: なるほど、大事なものなので、ちゃんとした名前を考えないといけないんですね。
タクミ: そうですね。ドメイン名は、Webサイトを運営する上で非常に重要な役割を果たします。注意深く考えて、良い名前を選びましょう。

ドメイン名を変更した場合、SEOに影響があるのでしょうか?

ヒロ:タクミ先生、質問です。自分のブログのドメイン名を変更した場合、SEOに影響があるんですか?
タクミ:そうだね、ドメイン名を変えるとSEOに影響が出るかもしれないよ。例えば、検索エンジンが古いドメイン名であなたのブログをインデックスしていた場合、新しいドメイン名はまだインデックスされていないかもしれないからね。
ヒロ:なるほど、それでSEOに悪影響が出るってことですか?
タクミ:そうだね、検索エンジンは古いドメイン名と新しいドメイン名を区別することができない場合があるからね。その結果、検索エンジンのランキングが下がる可能性があるよ。
ヒロ:なるほど、SEOに影響が出るかもしれないんですね。でも、どうすればいいんですか?
タクミ:そうだね、ドメイン名を変更する場合、301リダイレクトを設定することをお勧めします。301リダイレクトを設定すると、検索エンジンは新しいドメイン名に転送され、古いドメイン名のランキングを引き継ぐことができるよ。
ヒロ:なるほど、301リダイレクトを設定すれば、SEOに影響が出ないってことですね。ありがとうございます!

ドメイン名に数字や記号、アルファベットの大文字を使用できるのでしょうか?

ヒロ:タクミ先生、ドメイン名って数字や記号、アルファベットの大文字使えるんですか?
タクミ:そうですね、使えますよ。ただし、使いすぎると覚えにくくなってしまいます。
ヒロ:なるほど、どれくらい使えるんですか?
タクミ:現在は、最大でも63文字までです。でも、一般的には短めの方が覚えやすいですよ。
ヒロ:分かりました!ありがとうございます!
タクミ:何か分からないことがあったら、いつでも聞いてくださいね。僕もプログラマーとして日々勉強していますから。

ドメイン名を使って新しい電子メールアドレスを作成することができるのでしょうか?

ヒロ:タクミ先生、新しいメールアドレスを作ろうと思うんですけど、ドメイン名って必要ですか?
タクミ:そうですね、ドメイン名がないと、メールアドレスが完成しません。例えば、Googleのメールサービス、Gmailの場合、Gmailがドメイン名になっています。
ヒロ:なるほど、じゃあ、ドメイン名はどうやって手に入れるんですか?
タクミ:ドメイン名は、インターネット上にある登録業者から取得します。例えば、バックオーダー方式という方法で、売り切れたドメイン名を手に入れることもできます。ちなみに、登録料金は年間数千円程度から、高額なものまであります。
ヒロ:バックオーダー方式って何ですか?
タクミ:バックオーダー方式とは、すでに取得されて放置されているドメイン名が、登録期限が切れた時点で自分に取得されるように申請する方法です。しかし、この方法は他の人も使えるため、競合が激しく、手に入れるのは難しい場合もあります。

自分でドメイン名を取得するよりも、既存のドメイン名を購入する方が良い場合があるのでしょうか?

ヒロ:タクミ先生、自分でドメイン名を取得するよりも、既存のドメイン名を購入する方が良い場合があるんですか?
タクミ:そうですね、例えば、取得したいドメイン名が既に取られてしまっている場合には、そのドメイン名を購入することができます。また、既存のドメイン名は、すでに検索エンジンに登録されていて、アクセスが多い場合があります。そのため、そのドメイン名を購入することで、そのアクセス数を受け継ぐことができます。
ヒロ:なるほど、既存のドメイン名を購入することで、アクセス数を受け継げるんですね。でも、ドメイン名を購入するには、どうやって探したらいいですか?
タクミ:まずは、自分の取得したいドメイン名について、WHOISというサービスで調べてみましょう。そこには、そのドメイン名が誰に取得されているか、ドメイン名の有効期限やDNS情報などが記載されています。そして、取得したいドメイン名が誰かに取得されている場合には、その人や企業にコンタクトして、購入の交渉をすることができます。
ヒロ:なるほど、WHOISというサービスで調べるんですね。ありがとうございました、タクミ先生!