〒518-0418 三重県名張市富貴ヶ丘5番町96番地

この1分の動画を見てから、記事を読めばより理解が深まるよ!

目次

情報の教科書に出てくる「デバイス」について教えて!

高校生の皆さん、情報の教科書に出てくる「デバイス」ってご存知ですか?簡単に言うと、コンピューターなどが使う部品や機器のことです。例えば、キーボードやマウス、スピーカーなどが挙げられます。それぞれのデバイスには、自分の役割や特徴があります。ヒロ君は将来プログラマーを目指しているので、デバイスについて理解することは重要です。勉強にも役立ちますよ。何か疑問があったら、遠慮なく聞いて下さいね。

「デバイス」とは何ですか?

ヒロ:タクミ先生、教えてください。デバイスって何ですか?
タクミ:そうですね。デバイスとは、「機器」のことです。
ヒロ:機器って具体的には何ですか?
タクミ:例えば、スマホやパソコン、タブレット、キーボード、マウス、プリンターなどです。
ヒロ:デバイスって、プログラマーが使うものなんですか?
タクミ:そうですね。プログラムを書く際には、デバイスにアクセスすることが必要になります。例えば、スマホアプリを作るなら、スマホのカメラやGPSなどにアクセスする必要があります。
ヒロ:なるほど、機器を使うことがプログラム作成に必要なんですね。ありがとうございました。
タクミ:どういたしまして。わからないことがあったら、何でも聞いてくださいね。

デバイスの分類について教えてください。

ヒロ:タクミ先生、デバイスって何ですか?
タクミ:うん、デバイスね。それは、私たちが日常的に使っている電化製品やコンピュータのようなもののことを指します。
ヒロ:あ、なるほど。それなら、どんな種類があるんですか?
タクミ:まず、パソコンやスマートフォンのようなものを「コンピュータデバイス」と呼びます。それから、テレビや電子レンジ、洗濯機のような家電製品を「家庭用電化製品デバイス」と呼ぶんです。
ヒロ:そうなんだ。それ以外にもあるんですか?
タクミ:あるよ。例えば、車の中のナビや音楽プレイヤー、エアコンのような「自動車デバイス」や、医療機器のような「医療デバイス」もあるんだよ。
ヒロ:なるほど、たくさんの種類があるんですね。デバイスは私たちの生活に欠かせないものだということがわかりました。 
タクミ:そうだね。実はデバイスは、私たちが毎日使う身近なものばかりなんだよ。

入力デバイスとは何ですか?例を挙げて説明してください。

ヒロ:タクミ先生、入力デバイスって何ですか?例を教えてください!
タクミ:それはデータをコンピューターに入力するための機器ですよ。例えば、マウスやキーボード、タッチパッド、スキャナー、マイクなどがあります。
ヒロ:なるほど、それぞれどう違うんですか?
タクミ:例えば、マウスはカーソルを操作したり、クリックしたりするためのものです。キーボードは文字や数字などを入力するためのものです。スキャナーは紙のデータをコンピューターに取り込むためのものです。マイクは音声を録音するためのものです。
ヒロ:なるほど、どうやって使うんですか?
タクミ:それぞれの機器によって使い方が異なりますが、基本的にはコンピューターに接続することで使えますよ。マウスやキーボードはUSB接続が一般的ですね。
ヒロ:なるほど、ありがとうございました!

出力デバイスとは何ですか?例を挙げて説明してください。

ヒロ:先生、出力デバイスって何ですか?例えを挙げて教えて下さい。
タクミ:そうね、出力デバイスとは、パソコンから情報を出力するための機器のことよ。例えば、プリンターやスピーカー、モニター、プロジェクターなどが挙げられるわ。パソコンで作った文書を紙に印刷する時に使うプリンターも出力デバイスの一つなのよ。
ヒロ:分かりました。でも、何でそれらを出力デバイスというのですか?
タクミ:それはね、パソコン内の情報を外部の機器に出力することで、情報を可視化したり、人が判断しやすくしたりするために使われるからよ。例えば、モニターに表示された情報は目に見える形で情報を出力することができるわけだから、出力デバイスと呼んでいるわけよ。
ヒロ:なるほど、そういうことなんですね。プリンターやスピーカー、モニターが出力デバイスなんですね。
タクミ:そうよ。モニターやプリンター、スピーカーは、パソコンやスマートフォンなどの情報機器から出力された情報を、色や形、音などの形式で出力するのが役割だから、出力デバイスと呼ぶことができるんだよ。

ストレージデバイスとは何ですか?例を挙げて説明してください。

ヒロ:タクミ先生、ストレージデバイスとはなんですか?
タクミ:それは、データを保存したり読み込んだりするための装置のことです。例えば、ハードディスクやSSD(ソリッドステートドライブ)、USBメモリがストレージデバイスの代表的なものです。データを扱う上で欠かせないものですね。
ヒロ:ハードディスクやSSDってどんな装置ですか?
タクミ:ハードディスクは、ドライブの中に円盤のようなものがあり、その上に磁性体が塗られています。磁性体に情報を読み書きすることでデータを保存します。一方、SSDは、ハードディスクとは異なり、全体的にICチップで構成されています。こちらも情報を書き込んで読み取ることでデータを保存します。
ヒロ:なるほど!USBメモリなら使ったことがあります。でも、ストレージデバイスって何に使うんですか?
タクミ:ストレージデバイスは、コンピュータやスマートフォンの中に搭載されている場合もありますし、外部から接続して使うこともできます。データを保存したり、他のデバイスに移したりするのに使います。例えば、写真や動画、音楽などの大きなデータをたくさん保存できるので、ストレージデバイスがないとデータを保存できないんですよ。
ヒロ:なるほど、ありがとうございます!ストレージデバイスについてちゃんと分かりました!

デバイスの接続方法について教えてください。

ヒロ: タクミ先生、デバイスの接続方法が分からないです。
タクミ: こんにちは、ヒロくん。デバイスとは、何か特定のものを指しているのかな?
ヒロ: はい、Bluetoothスピーカーとか、スマホとか。
タクミ: そうですね。Bluetoothスピーカーの場合、スマホのBluetooth機能をONにして、Bluetoothスピーカーのペアリングモードに切り替えます。そして、スマホとBluetoothスピーカーをペアリングします。
ヒロ: なるほど、ペアリングっていうのは二つのデバイスを繋ぐことですね。スマホとBluetoothスピーカーが繋がったら、どうしたら音楽を聴けますか?
タクミ: そうですね。Bluetoothスピーカーを出力先に設定して、スマホで音楽を再生するだけです。これでBluetoothスピーカーから音楽が流れますよ。
ヒロ: 分かりました!そうするんですね。ありがとうございます、タクミ先生。
タクミ: どういたしまして、ヒロくん。デバイスの接続方法は、最初は少し難しいと思いますが、慣れると簡単に出来るようになりますよ。頑張ってくださいね。

USBとは何ですか?利用されるデバイスを教えてください。

ヒロ:タクミ先生、USBって何ですか?どういうものなの?
タクミ:ああ、USBだね。USBっていうのは、Universal Serial Busっていうんだ。直訳すると普遍的なシリアルバスってことかな。
ヒロ:えっ?シリアルバス?何それ?分かりません。
タクミ:すいません、難しすぎましたね。おおまかに言うと、USBは様々な機器をパソコンに接続するための規格のことなんだ。
ヒロ:ふむふむ、例えば何か機器は挙げられますか?
タクミ:例えば、マウスやキーボード、プリンター、スマートフォン、デジカメなどね。USBがないと、パソコンとこれらの機器を接続することができませんよ。
ヒロ:なるほど、様々な機器をパソコンに接続するための規格だったんだね。勉強になりました。ありがとうございました。

HDMIとは何ですか?利用されるデバイスを教えてください。

ヒロ:HDMIとは何ですか?利用されるデバイスを教えてください。
タクミ:HDMIとは、映像や音声の信号をデジタルでやりとりするためのインターフェースのことです。例えば、テレビ、パソコン、ゲーム機などに利用されます。
ヒロ:デジタルでやりとりってどういうことですか?
タクミ:それは、情報を0と1のパターンで表現することで、コンピューター上で扱いやすくすることです。昔はアナログという方式だったので、デジタルと比べると処理が遅くなってしまいます。
ヒロ:なるほど、でも何がいいのですか?
タクミ:デジタルなら、情報を簡単にコピーすることができるうえに、情報の損失も少なくなります。つまり、高画質で高音質な映像や音楽を楽しめるようになるんです。

ヘッドセットとは何ですか?どのような用途に使われますか?

ヒロ:タクミ先生、ヘッドセットって何ですか?
タクミ:ヒロさん、ヘッドセットとは、耳に装着する音声入出力装置のことです。携帯電話などで音声通話やオンラインゲームでのチャットなどに使用されます。
ヒロ:分かりました!でも、なんで頭に付けるんですか?
タクミ:そうですね。ヘッドセットを頭につけることで、相手の音声をよりクリアに聞き取ることができます。また、マイクが付いているので自分の声を拾って送信することもできますよ。
ヒロ:なるほど!でも、プログラマーに必要なんですか?
タクミ:それはですね、必要であるとは限りませんが、プログラマーでもオンラインのコミュニケーションツールや音声合成ソフトウェアを使用することがあります。その場合、ヘッドセットは便利なツールのひとつですね。
ヒロ:なるほど!ありがとうございました!

スピーカーとは何ですか?どのような用途に使われますか?

ヒロ:タクミ先生、スピーカーって何ですか?使い方を教えてください!
タクミ:スピーカーは音を出す機器のことです。例えば、スマートフォンやパソコンから音楽を再生する場合、スピーカーが必要です。
ヒロ:なるほど、スピーカーは音を出すために必要なものなんですね。他にどんな用途があるんですか?
タクミ:スピーカーにはたくさんの用途がありますよ。例えば、プレゼンテーションで使われることもあります。また、電話やビデオ会議の際にも、スピーカーで相手の声を聞くことができます。
ヒロ:プレゼンテーションでも使うんですか?どういう時に使うんですか?
タクミ:そうですね。例えば、大きな会議で、たくさんの人に聞いてもらう場合には、スピーカーを使って音量を大きくすることで、より多くの人に聞いてもらうことができます。
ヒロ:なるほど!スピーカーの用途がよく分かりました。ありがとうございます!

プリンタとは何ですか?どのような種類がありますか?

ヒロ:タクミ先生、質問があるんですけど、プリンタって何ですか?種類とかあるんですか?
タクミ:プリンタとは、コンピュータで作成した文書や画像を紙などの媒体に印刷する機械のことだよ。種類はたくさんあるんだけど、大きく分けるとインクジェットプリンタとレーザープリンタがあるよ。
ヒロ:インクジェットプリンタとレーザープリンタってどう違うんですか?
タクミ:インクジェットプリンタは、紙面にインクを噴射する方式で、綺麗な写真印刷ができる代わりに、インク代がかかるんだ。一方、レーザープリンタはトナーを定着させて印刷する方式で、コストが抑えられるけど、写真印刷には適していないんだよ。
ヒロ:なるほど、インクジェットプリンタは写真印刷が得意でコストがかかる、レーザープリンタは写真印刷は苦手だけどコストが抑えられるってことですね。分かりました、ありがとうございます!

マウスとは何ですか?どのような種類がありますか?

ヒロ:タクミ先生、マウスって何ですか?どんな種類があるんですか?
タクミ:ヒロくん、マウスはパソコンを操作するための入力機器のひとつだよ。パソコン画面にあるカーソルを移動したり、アイコンをクリックしたりできるものさ。
ヒロ:へー、そんなに大事なものなんですか?
タクミ:そうだね。特にプログラマーにとっては欠かせないものだよ。種類に関しては、有線のものと無線のもの、光学式やレーザー式などがあるよ。基本的には光学式が多いんだけど、最近はレーザー式が主流だね。
ヒロ:なるほど。光学式とレーザー式って何が違うんですか?
タクミ:例えばマウスのボールの動きをセンサーで読み込む光学式は、マウスパッドの上でしか使えないんだけど、レーザー式はマウスパッドがなくても使えるのが特徴だよ。
ヒロ:おお、それは便利ですね。ありがとうございました、タクミ先生!
タクミ:どういたしまして、ヒロくん。質問があればいつでも聞いてね!

キーボードとは何ですか?どのような種類がありますか?

ヒロ:タクミ先生、キーボードって何ですか?
タクミ:ほら、コンピューターを使って文字を入力するときに使う道具だよ。手でタッチして打つから「キー(鍵)」が「ボード(板)」に並んでいるんだ。
ヒロ:なるほど。でも、何種類くらいあるんですか?
タクミ:大きく分けると、メカニカル式とメンブレン式があるんだ。メカニカル式は、キーを押すとスイッチが反応して文字が打てる仕組み。メンブレン式は、特殊な素材の膜でできたキーの上に指を軽く置くだけで、文字を打てる仕組みなんだよ。どちらも性能や価格に違いがあるから、自分に合ったキーボードを選ぶといいよ。
ヒロ:わかった!ありがとうございます、タクミ先生。
タクミ:いいよ、いつでも聞いてね。

スキャナとは何ですか?どのような種類がありますか?

ヒロ: タクミ先生、スキャナって何ですか?どんな種類があるんですか?
タクミ: えっと、スキャナというのは紙に印刷された文章や絵などをデジタルデータに変換する機械のことです。種類はいろいろありますが、一般的なものには「フラットベッドスキャナ」と「シートフィードスキャナ」という2つの種類がありますよ。フラットベッドスキャナは平らな台座があって、紙を上に置くタイプのもので、シートフィードスキャナは紙を一枚ずつ細長い機械に通して読み込むタイプのものです。
ヒロ: なるほど、それならスキャナって紙のちょっとしたメモや手書きの書類もデジタル化できるんですね。
タクミ: そうですね!スキャナは紙媒体の情報を簡単にデジタル化することができますよ。例えば、手書きのメモや図面も、スキャナを使えばデータ化できます。中には、スキャナだけではなくスマホをカメラ代わりにしてスキャンできるアプリもありますよ。また、スキャナで取り込んだ情報はファイル形式を選べるので、自分で使いやすい形式に変換できるという利点もあります。

カメラとは何ですか?どのような種類がありますか?

ヒロ: タクミ先生、カメラって何なんですか?種類はありますか?
タクミ: うーん、カメラっていうのは、写真を撮るための道具だよ。それから種類はたくさんあるんだけど、ひとつは「一眼レフカメラ」というやつがあるよ。
ヒロ: 一眼レフカメラって何ですか?
タクミ: それは、レンズ交換ができるカメラで、プロのカメラマンがよく使うんだよ。写真を撮る時に、ピントやシャッタースピードなど細かい設定ができるから、撮影の自由度が高いんだ。
ヒロ: なるほど、でも他に種類はありますか?
タクミ: そうだね、スマートフォンに付いているカメラや、コンパクトカメラ、ミラーレスカメラなんかもあるよ。スマートフォンのカメラは手軽に使えて、写真も綺麗に撮れるけど、細かい設定は少ないかな。それに対して、コンパクトカメラは操作も簡単だし、持ち運びも楽だけど、一眼レフカメラほど撮影の自由度は高くないんだ。
ヒロ: なるほど、それぞれのカメラには違いがあるんですね。勉強になりました、ありがとうございました。

タブレットとは何ですか?どのような特徴がありますか?

ヒロ:タクミ先生、タブレットって何ですか?どういう特徴がありますか?
タクミ:それはね、手のひらサイズのパソコンのようなものだよ。例えば、スマホと比べて大きな画面があるし、キーボードもついているようなものだと思ってもらえるかな?
ヒロ:ふむふむ、なるほど!でも、パソコンと何が違うのですか?
タクミ:そうだね、パソコンよりも薄くて軽い、コンパクトなデバイスだよ。あと、電池も持ち運びに便利なんだ。
ヒロ:なるほど、デザインが優れているんですね!
タクミ:そうだね、それに操作もタッチパネルを使って簡単なのが特徴的だよ。例えば、写真を拡大したい時には指で画面をピンチイン、ピンチアウトするだけで簡単にできちゃうんだ。何かイメージできたかな?
ヒロ:イメージできました!デザインが優れていて、操作も簡単だということですね。ありがとうございます!

スマートフォンとは何ですか?どのような特徴がありますか?

ヒロ:スマートフォンって何ですか?どういう特徴があるんですか?
タクミ:スマートフォンは、携帯電話の進化版みたいなものですね。携帯電話は、電話やメールをするために使われますが、スマートフォンは、それに加えてインターネットやアプリを使うことができます。例えば、家にいながらにして、電車の時刻表を調べたり、動画を見たり、プログラミングに必要なアプリをダウンロードしたりすることができるんですよ。
ヒロ:なるほど、それでスマートフォンは、携帯電話と違って大きい画面があるんですね。
タクミ:そうですね。携帯電話よりも画面が大きく、タッチパネルで操作するのが一般的です。指で画面をタップしたり、スワイプ(指をなぞる)したりすることで、アプリを起動したり、メールを書いたり、Webサイトを表示したりすることができます。また、スマートフォンには、カメラやGPS、加速度センサーなどの機能も備わっているので、いろいろなことができるんです。

パソコンとは何ですか?どのような種類がありますか?

ヒロ:パソコンとは何ですか?どのような種類がありますか?
タクミ:パソコンとは、Personal Computerの略で、個人が使うことを目的としたコンピューターのことですよ。種類は、デスクトップパソコンとノートパソコンがあります。デスクトップパソコンは、机の上に設置し、モニターやキーボード、マウスをつないで使うものです。ノートパソコンは移動時に持ち運びができるもので、一体型になっているものや2つに分かれているもの、薄く軽いものなどいろいろなタイプがあります。どこのメーカーのものを使うかで、性能や使い勝手が違ってくるんだよ。

センサーとは何ですか?どのような種類がありますか?

ヒロ:タクミ先生、センサーって何ですか?
タクミ:ふむふむ、センサーは物理現象を検出し、電気信号などに変換する機器のことですよ。
ヒロ:どんな種類があるんですか?
タクミ:例えば、温度や湿度などの環境を検出するセンサーや、距離を測る超音波センサーや、光量を測るフォトセンサーなどがありますよ。これらの情報を元に、プログラムで様々な応用ができるんです。たとえば、照明を自動で調整するシステムや、物体の存在を検知して自動でドアを開け閉めするシステムなど、便利なシステムが開発されています。分かりやすい説明になっていますか?

IoTとは何ですか?どのようなデバイスが利用されますか?

ヒロ:タクミ先生、IoTとは何ですか?どのようなデバイスが利用されますか?
タクミ:IoTとは、インターネットに接続された様々なデバイスが情報をやりとりする仕組みです。例えば、スマートフォンやタブレット、センサーやカメラなどが利用されます。
ヒロ:なるほど。では、どのようなことに利用されますか?
タクミ:例えば、自宅の電気の使用状況をスマートフォンで確認したり、センサーで温度や湿度を測定して自動で空調を調整したり、場所にあった広告が表示されるようにカメラが設置されていたりします。
ヒロ:すごいですね!どうやってデータのやりとりをしているんですか?
タクミ:デバイス同士がインターネットを介して通信することで、情報のやりとりが行われます。例えば、センサーで測定した情報がクラウドにアップされ、アプリからアクセスすることでリアルタイムにデータを確認することができます。
ヒロ:なるほど、クラウドとアプリがつながっているんですね。それにしても、IoTがこんなに身近にあったなんて驚きです!
タクミ:そうですね。IoTは現代社会に欠かせない技術の一つです。今後も飛躍的に発展していくことが期待されています。