〒518-0418 三重県名張市富貴ヶ丘5番町96番地

この1分の動画を見てから、記事を読めばより理解が深まるよ!

目次

情報の教科書に出てくる「ステルスマーケティング」について教えて!

「ステルスマーケティング」について知っていますか?これは広告手法の一つで、消費者に知られずに商品やサービスを宣伝する方法です。でも、この手法は消費者の意思決定に影響を与えるため、一部では倫理的な問題が指摘されています。それでも、企業側からすれば、効果的なマーケティング手法の一つと言えます。ヒロ君、将来プログラマーを目指しているとのことですが、プログラム開発においてもマーケティングは欠かせない要素です。この「ステルスマーケティング」を含め、様々なマーケティング手法についても勉強しておくと、将来の仕事に役立つことでしょう。

ステルスマーケティングとは何ですか?

ヒロ:タクミ先生、ステルスマーケティングって何ですか?
タクミ:ステルスマーケティングとは、広告などを出さずに、商品やサービスを販売する手法のことですよ。
ヒロ:広告を出さないで、どうやって販売するのですか?
タクミ:例えば、ある商品に興味を持った人が、その商品を紹介しているブログやSNSを見つけたとします。そのブログやSNSでは、商品の名前やメーカー名は伏せて、商品の魅力的なポイントだけを書いています。そうすることで、商品自体が宣伝となって、興味を持った人がその商品を購入するという方法です。
ヒロ:いまいちピンときませんが、なんとなく分かった気がします。ありがとうございます、タクミ先生!

ステルスマーケティングの例を教えてください。

ヒロ:タクミ先生、ステルスマーケティングって何ですか?
タクミ:ヒロさん、ステルスマーケティングとは、商品やサービスのプロモーションを行う際に、広告を出さずに消費者にアプローチする手法のことです。たとえば、自分が普段見ているサイトやSNSに、商品やサービスに関連する情報が表示される場合があります。それがステルスマーケティングの一例ですね。
ヒロ:なるほど、でもなぜ広告を出さないんですか?
タクミ:それは、消費者が広告に騙されたり、うんざりする場合があるからです。広告を見ること自体がストレスになってしまうと、商品のイメージも悪くなってしまいます。ステルスマーケティングは、消費者がストレスを感じずに自然に商品やサービスに触れられるため、効果的な手法と言えますね。

ステルスマーケティングとは合法ですか?

ヒロ:タクミ先生、ステルスマーケティングって合法ですか?
タクミ:それはね、法律にはっきりと規定されているわけではないんだ。でも、企業が消費者をだまして商品を売り込むことは、正しいやり方とは言えないよね。例えば、『これが無料!』と書いているのに、実は後からお金を取られたりするような場合は、騙された気分になるだろう。そうすると、その企業の信頼性が低下してしまうし、将来的に悪い影響がある可能性もあるよ。
ヒロ:なるほど。企業側からすれば、ステルスマーケティングは手軽で利益が出るかもしれないけど、長期的には損する可能性があるってことですね。
タクミ:そうそう、長期的な視野で物事を考えることが大事なんだよ。自分がされたら嫌だと思うことは、他の人にしないことが大切だよ。信頼関係を築くことができれば、将来的にはお互いにメリットがあることもあるよね。

ステルスマーケティングのリスクは何ですか?

ヒロ:タクミ先生、ステルスマーケティングって何ですか?
タクミ:ヒロさん、ステルスマーケティングとは、商品やサービスを広告したり、宣伝したりすることなく、消費者が気づかない形で販売することです。例えば、テレビ番組やYouTube動画の中で商品を紹介するなどがあります。
ヒロ:そうすると、消費者は勘違いして買ってしまったり、製品の信頼性がないと思ってしまったりする可能性があるんですね。
タクミ:そうですね。また、ステルスマーケティングは、消費者の信頼を損ねることになるため、企業が行うとマイナスのイメージが付いてしまうことがあります。例えば、一度だけ利用して満足せず、再利用することが無くなってしまった場合、ステルスマーケティングを許すことができない消費者が増えていくことが考えられます。
ヒロ:なるほど、ステルスマーケティングはリスクがあるから、優れた商品やサービスを提供すべきなんですね。
タクミ:そうですね。しかし、広告や宣伝だけではなく、消費者が商品やサービスを知るチャンスがない場合や、突然の需要の増加が生じた場合には、ステルスマーケティングも一つの手段として検討されるかもしれません。

ステルスマーケティングを行う企業はどのような目的がありますか?

ヒロ:タクミ先生、ステルスマーケティングってどんな目的があるんですか?
タクミ:うん、わかるよ。ステルスマーケティングは、商品やサービスを宣伝する際に、あえて広告や宣伝と気付かれない形で行うマーケティング手法なんだよ。
ヒロ:そうなんですか?でも、なんでそんなことをするんですか?
タクミ:例えば、テレビでCMを流したり、新聞や雑誌に広告を載せると、広告に慣れてしまって、宣伝効果が薄れることがあるんだ。だから、ステルスマーケティングでは、商品やサービス自体が宣伝媒体となって、より効果的にアピールすることができるんだよ。
ヒロ:なるほど、なるほど。ありがとうございます、タクミ先生!
タクミ:いいよ、ヒロくん。分かりやすいかな?もし、まだ疑問があったら、いつでも聞いてね。

ステルスマーケティングはどのような手法で行われますか?

ヒロ:タクミ先生、ステルスマーケティングってどんな手法ですか?
タクミ:まず、ステルスマーケティングとは、宣伝や広告で消費者にその商品を購入するように働きかける方法です。でも、ステルスマーケティングは宣伝していることを消費者にわからせないように実施するのが特徴的な手法です。
ヒロ:ええ、例えばどんな方法なんですか?
タクミ:例えば、ブログやSNS上で自分たちの商品を賞賛してるような投稿を作って、それを読んでいる人がまるで評判がいい商品を自発的に探したかのように思わせる方法です。
ヒロ:なるほど。じゃあ消費者はそれに気付かないんですか?
タクミ:そうですね。ステルスマーケティングで広告を見た消費者が、自分の購買判断にその広告が影響を及ぼしていることを意図的に知らされていないのが特徴です。
ヒロ:なるほど、勉強になりました!ありがとうございます。
タクミ:どういたしまして。分かりやすく説明できたかな?

ステルスマーケティングの効果はどのように測定されますか?

ヒロ:タクミ先生、ステルスマーケティングの効果って、どうやって測定するんですか?
タクミ:ふむふむ、いい質問だね。ステルスマーケティングというのは、宣伝活動を行わずに、裏で商品やサービスの認知度を上げることを言います。具体的には、口コミやSNS、ブログなどを使って、お客さんたちに自然に広まっていくように工夫します。
ヒロ:なるほど、でもそれって、評価が難しそうじゃないですか?
タクミ:そうだね。宣伝広告と違って、数字で測定しづらいというのが難点です。ただし、広がり方や反応を調べる方法があります。たとえば、特定のSNSでどれくらい拡散されたか、どれくらい反応があったかを分析するとか、商品の売上げがどれくらい上がったかを見るとか。
ヒロ:なるほど、言葉では分かった気がします。ありがとうございます。
タクミ:どういたしまして。もしもっと詳しい話が聞きたいなら、いつでも聞いてね。

ステルスマーケティングを行う上での注意点は何ですか?

ヒロ: タクミ先生、ステルスマーケティングって効果があるんですか?
タクミ: ステルスマーケティングは、お客さんが自分で買いたいと思えるような商品を提供することで、売上を伸ばす手法です。でも、お客さんが騙されたり、不快な気持ちになったりしてはいけないので、注意が必要です。
ヒロ: なるほど。どういう点に注意する必要があるんですか?
タクミ: まず、ステルスマーケティングを行う場合、広告には明確に商品名や価格、自分たちの会社名を表示するようにしましょう。また、購入前にきちんと説明することも大切です。
ヒロ: そうですね。それと、偽装レビューとかも注意が必要ですか?
タクミ: そうですね。偽装レビューをつけて、お客さんを誘導するのはやめましょう。実際の商品と異なるレビューを書いてしまうと、信頼を失うことになります。
ヒロ: 分かりました。広告に明確な表示をして、偽装レビューはやめる。注意することがいっぱいあるんですね。
タクミ: そうですね。でも、ステルスマーケティングを行っても、お客さんが本当に欲しいと思える商品であれば、正しい方法で宣伝することができます。しっかりとマナーを守って、お客さんの信頼を得られるように頑張りましょう。

ステルスマーケティングの被害にあった場合、どのように対処しますか?

ヒロ: 先生、ステルスマーケティングって何ですか?
タクミ: ステルスマーケティングは、商品やサービスを販売するために、広告や宣伝などを行わずに、消費者を誘導する手法のことです。
ヒロ: なるほど、それで被害にあった場合はどうしたらいいですか?
タクミ: 被害にあった場合は、まずは冷静になって、警察や消費生活センターに相談してください。また、正しい情報収集や、自分自身で判断力を養うことも大切です。
ヒロ: 分かりました、ありがとうございます!
タクミ: どういたしまして。大事なことは、自分で情報を確認し、正しい判断をすることです。しっかりと勉強をして、将来プログラマーとして活躍してくださいね!

ステルスマーケティングを行うと消費者にどのような影響がありますか?

ヒロ: ステルスマーケティングを行うと消費者にどのような影響がありますか?
タクミ: ステルスマーケティングとは、裏でコソコソ商品を宣伝して、消費者が気づかないうちに購入させることを言います。例えば、有名なアーティストが何気なくその商品を使っていたりすることで、その商品が売れたりするんですよ。これによって、本当に自分が欲しいものを買うことができなくなったり、消費者の意思が歪むこともあるんです。ちゃんと自分の欲しいものを買うためには、宣伝に惑わされずに、自分で調べたり、相手の製品と比べてみたりすることが大事ですね。

ステルスマーケティングを利用したブランドの成功事例を教えてください。

ヒロ:タクミ先生、ステルスマーケティングを利用したブランドの成功事例を教えてください!
タクミ:いい質問だね、ヒロくん。ステルスマーケティングとは、消費者に宣伝をしているとは思わせない手法のことだよ。
ヒロ:うわー、なるほど!それで、成功したブランドはあるんですか?
タクミ:そうだね。例えば、レッドブルはステルスマーケティングで有名になったんだよ。テレビCMや新聞広告を出さず、代わりにスポンサーシップを活用して、スポーツイベントや音楽フェスなどでレッドブルを提供することで、知名度を上げたんだ。
ヒロ:なるほど!ネットビジネスやスマホアプリの場合は、どうやってステルスマーケティングをするんですか?
タクミ:例えば、SNSやブログ、Youtubeなどを使い、サブリミナル効果を利用することができるよ。商品やサービスの良さを自然な形で伝えることで、消費者の心を掴むことができるんだ。ただし、法律違反やマナー違反にならないように注意が必要だね。
ヒロ:なるほど!すごく興味深いです!ありがとうございます、タクミ先生!
タクミ:どういたしまして、ヒロくん。ステルスマーケティングは、少し難しい手法だけど、うまく活用することでブランドの成功につながるよ。がんばってね!

ステルスマーケティングを利用する際に考慮すべき法律は何ですか?

ヒロ:タクミ先生、ステルスマーケティングを利用する際に考慮すべき法律は何ですか?
タクミ:ヒロ君、ステルスマーケティングとは、消費者に自分たちとは関係のない第三者が商品やサービスを宣伝することで、自社の宣伝費用を削減する手法です。ただ、この手法を利用する場合は、消費者に対して隠し事をしているように思われないように配慮しなければなりません。具体的には、消費者に自分たちが企業であることを明示する「表示義務」があります。
ヒロ:「表示義務」ってなんですか?
タクミ:例えば、自分たちが企業であることを公式サイトの表記やブログ、SNSで明示することが必要です。また、自社の商品やサービスの情報を掲載するサイトへの広告掲載などの場合も、広告であることをしっかりと表記することが必要です。消費者に投資家としての情報を与える必要はありませんが、製品を販売している企業の情報を提供し、ステルスマーケティングを行っていることをしっかりと伝えることが重要です。

ステルスマーケティングとウイルスマーケティングの違いは何ですか?

ヒロ:ステルスマーケティングとウイルスマーケティングって何が違うの?
タクミ:よく考えた質問だね。ステルスマーケティングは、商品やサービスを隠して宣伝する方法だよ。例えば、番組の中で派手に商品を宣伝する場合と比べて、ドラマの中で自然に流れ込ませる場合とどちらが印象に残るかな?
ヒロ:どっちかというとドラマの中の方が自然だから、印象に残りそうだけど…
タクミ:そう、それがステルスマーケティングだよ。一方で、ウイルスマーケティングは、広告を見ても分からないように、情報を拡散する宣伝方法だ。例えば、ある人が面白いと思ってその広告をシェアすると、それを見た人がさらにシェアすることで、どんどん情報が広がっていくんだ。
ヒロ:なるほど、じゃあウイルスマーケティングはステルスマーケティングよりも効果があるってこと?
タクミ:それは少し違うかな。ウイルスマーケティングはネット上で広がることが多いから、商品やサービスの質が低いと拡散されてしまうこともあるんだ。それに比べてステルスマーケティングは、自然な形で商品やサービスを知ってもらえる分、品質が高いと思われることが多いよ。どちらかが良いかは、目的や状況によって変わってくると思うよ。

ステルスマーケティングを行う上で必要な技術は何ですか?

ヒロ:ステルスマーケティングを行う上で必要な技術って何ですか?
タクミ:ステルスマーケティングは、広告宣伝を行うために、ユーザーが気がつかないような方法を使って行うマーケティング手法です。具体的には、SEO(検索エンジン最適化)やSNS広告、アフィリエイト広告、インフルエンサーマーケティングなどがあります。そのためには、ウェブ解析ツールを使ってアクセス解析を行ったり、コンテンツマーケティングの知識が必要になります。
ヒロ:コンテンツマーケティングって何ですか?
タクミ:例えば、会社が作っている商品やサービスにまつわる記事や動画を作成し、その情報を提供することで、潜在的な顧客との接点を生み出すマーケティング手法です。つまり、商品やサービスを購入する前に、その価値や魅力を体験できるように提供することで、顧客の関心を引き付けることが目的です。
ヒロ:なるほど!SEOって何ですか?
タクミ:検索エンジン最適化のことです。検索エンジンに表示される順位を上げることで、自社のウェブページにアクセスしてもらうための技術です。例えば、自社の商品やサービスに関するキーワードを重視したコンテンツ作成や、適切なHTMLタグの使用、コンテンツの更新頻度も重要です。ユーザーが探している情報が簡単に見つかるよう、適切な情報を提供することがポイントです。

ステルスマーケティングを行う際に必要な予算はどの程度ですか?

ヒロ: タクミ先生、ステルスマーケティングを行うときに必要な予算はどの程度ですか?
タクミ: うーん、それは少し難しい質問だね。ステルスマーケティングとは、商品やサービスを宣伝せずに、消費者が自然にその商品やサービスを選ぶように仕向けるマーケティング手法だよ。つまり、販売戦略の一環で、予算の使い方はケースバイケースだね。
ヒロ: そうなんですか。でも、広告を出さないということは、予算も少なくて済むということですか?
タクミ: それは一概には言えないよ。ステルスマーケティングは広告を出さない代わりに、製品の品質や特徴が消費者に伝わるような仕掛けをするんだ。例えば、製品のユーザーが自分からSNSでシェアしたり、口コミで広めたりするように促すことができる。そうすると、製品やサービスの良さが拡散されることがあるんだ。
ヒロ: なるほど、広告を出すだけでなく、他の方法でアピールするのですね。ありがとう、タクミ先生。

ステルスマーケティングに対して消費者が抱く意見はどのようなものですか?

ヒロ: タクミ先生、ステルスマーケティングって何ですか?消費者はどう思っているんですか?
タクミ: ヒロさん、ステルスマーケティングは、広告や宣伝をしていると思わせて、実はそうでないマーケティング手法です。消費者は、自分の意志で買っているつもりでも、実は影響を受けて商品を選んでいることがあるので、不快に感じる人もいます。例えば、クラシルという料理レシピのアプリがありますが、料理のレシピを使える無料のアプリと明記していません。そのため、ダウンロードした人の中には、広告に対して違和感を持つ人もいます。
ヒロ: ステルスマーケティングは、消費者をだますことをするからいけないってことですか?
タクミ: そう言えばいいでしょう。ステルスマーケティングは、消費者にある程度の誤解を招く手法であるため、利用するにはリスクがあります。消費者側から見ると、欺かれたと感じることもあります。逆に、クライアント企業側から見ると、消費者が商品を知ってもらうためにステルスマーケティングを使う場合もあります。企業にとっては、まさに“りか入りあんぱん”といった感じですね。

ステルスマーケティングの一例としてSNSを活用する方法は何ですか?

ヒロ:タクミ先生、ステルスマーケティングって何ですか?
タクミ:ヒロくん、ステルスマーケティングとは、消費者に自分たちの製品やサービスを知らせないで、間接的にアピールする手法ですよ。
ヒロ:なるほど、ではSNSを使ってステルスマーケティングをするにはどうすればいいんですか?
タクミ:SNSを活用する場合、自社のブランドと関連性のあるコンテンツを投稿すると効果的ですね。例えば、自社製品を使っている有名人の写真を載せたり、フォロワーが興味を持ちそうな情報を投稿すると、自然な形で商品をアピールできます。
ヒロ:なるほど!それって、テレビ番組の中に自社の広告を入れるのと似てる感じですね!
タクミ:そうですね、テレビCMやラジオCMもステルスマーケティングの一種です。商品と番組の内容がマッチしていると、商品を見ている人たちにもっと強く印象付けられる可能性がありますよ。
ヒロ:なるほど、勉強になりました。ありがとうございました!

ステルスマーケティングを行う際に活用するデータの種類は何ですか?

ヒロ:タクミ先生、ステルスマーケティングを行う際に、活用するデータの種類って何ですか?
タクミ先生:うーん、例えばいろんな年齢層の人たちにターゲットを絞り込む時には、その年代の興味を引くような情報などが必要ですね。また、どのようなデバイスを使っているかとか、どのような検索ワードを使っているかなどの情報も必要になってきます。
ヒロ:そうですか。でも、どうやってそれらの情報を集めるんですか?
タクミ先生:例えば、インターネット上での検索履歴や、SNSでの投稿内容、メールの受信箱などから集めることができますよ。ただし、プライバシーの問題もあるので、注意が必要です。
ヒロ:なるほど、ありがとうございます。でも、それらの情報を集めたらどうすればいいんですか?
タクミ先生:それらの情報を分析して、どのような広告や情報を配信していくかを決めるんです。例えば、ある特定の商品に興味を持っている人には、その商品の広告を配信するなどです。
ヒロ:なるほど、分かりました。ありがとうございます!

ステルスマーケティングが行われる業界はどのようなものがありますか?

ヒロ:タクミ先生、ステルスマーケティングが行われる業界はどのようなものがありますか?
タクミ:うーん、ステルスマーケティングと言っても、基本的にどの業界でも行われることがあるんだよ。例えば、食品や医薬品の広告でよく見かける、「この効果は○○と同等です!」とか、「医師が推奨!」っていう表現がステルスマーケティングの一例だね。
ヒロ:なるほど、何か他にもあるんですか?
タクミ:あと、ゲームやアプリの中で、広告を見る代わりに何かアイテムがもらえたり、特典があるっていうのもステルスマーケティングの一つだね。そして、一番身近な例としては、テレビ番組やYouTubeで、商品のプロモーションを行うこともステルスマーケティングに入るよ。
ヒロ:なるほど、ありがとうございます!たくさん勉強になりました!

ステルスマーケティングの強みと弱みは何ですか?

ヒロ: タクミ先生、ステルスマーケティングって何ですか?強みと弱みは何ですか?
タクミ: ステルスマーケティングは、製品やサービスを宣伝する方法の一つです。それは広告を出さずに、コンシューマーに製品の存在を知らせることです。強みは、広告費用を抑えることができることです。弱みは、ステルスマーケティングが非常に難しいことです。お分かりですか?
ヒロ: わかりました、ありがとうございます!ステルスマーケティングが成功するためには何が必要ですか?
タクミ: ステルスマーケティングが成功するには、コンシューマーが製品やサービスを見つけることができる場所に配置することが重要です。たとえば、ステルスマーケティングを実践するには、商品をネットショップに展示して、ウェブ検索で見つかりやすいようにしたり、広めることが大切です。