〒518-0418 三重県名張市富貴ヶ丘5番町96番地

この1分の動画を見てから、記事を読めばより理解が深まるよ!

目次

情報の教科書に出てくる「アクセシビリティ」について教えて!

こんにちは、タクミ先生です。ヒロくん、プログラマーを目指すということで、情報科目をしっかりと学んでいるのですね。今日は情報の教科書に出てくる「アクセシビリティ」についてお話ししましょう。アクセシビリティとは、障がいを持った人でも情報を利用しやすくするための取り組みのことです。例えば、肢体不自由の方でも画面を読み上げることができるように、WebページにVoiceOver機能を付けるなどの工夫が必要です。これは、社会的にも大切なことで、すべての人が情報にアクセスできるようにすることがとても重要です。プログラマーになるにあたって、アクセシビリティについてもぜひ学んでいただき、社会の役に立つプログラマーになっていってくださいね。

アクセシビリティとは何ですか?

ヒロ:タクミ先生、アクセシビリティって何ですか?
タクミ:それは、障がいを持つ人や高齢者などがスムーズに情報にアクセスできるようにすることですよ。
ヒロ:スムーズに情報にアクセスってどういうことですか?
タクミ:例えば、視覚障がいを持つ人には、音声ガイダンスや点字ブロックが必要ですし、手を使えない人には声で操作できるようにする必要があります。
ヒロ:なるほど、障がい者の人たちがわかりやすく情報を受け取れるようにすることがアクセシビリティってことですね。
タクミ:そうですね。また、身体的障がいがなくても、誰でも使いやすいデザインを考えることもアクセシビリティの観点から重要ですよ。

アクセシビリティがなぜ重要なのですか?

ヒロ:タクミ先生、アクセシビリティってなんですか?
タクミ:そうね、アクセシビリティというのは、人々がコンピューターやインターネットを利用する上で、簡単に利用できるようにすることだよ。
ヒロ:簡単に利用できるって、どういうことですか?
タクミ:例えば、盲目の人や車いすの人など、障害を持つ人がコンピューターやインターネットを利用する際に、問題なくアクセスできるようにすることを言うんだよ。
ヒロ:なるほど、でもそれってなんで大切なんですか?
タクミ:それは、全ての人が平等に情報を得ることができるようにするために必要なことだよ。
ヒロ:なるほど、そういうことなんですね。アクセシビリティって大事だなと思いました。
タクミ:そうだね。全ての人が情報を得られる、そして社会参加ができるようにするためには、アクセシビリティが不可欠なんだ。

誰がアクセシビリティに注目すべきですか?

ヒロ:タクミ先生、誰がアクセシビリティに注目すべきですか?
タクミ:それは、あらゆる人が注目するべきことですよ。アクセシビリティとは、障がいのある方々が、スムーズかつ快適に情報にアクセスできることを指します。例えば、視覚障がいのある方がスクリーンリーダーを使って情報を得たり、聞覚障がいのある方が字幕付きの動画を見たりすることができるようにすることがアクセシビリティの実現につながります。
ヒロ:なるほど、アクセシビリティって大切なんですね。どんな職業の人がアクセシビリティに関わるんですか?
タクミ:そうですね。アクセシビリティには様々な職業の人たちが関わっています。例えば、Webデザイナーやプログラマーが、ウェブサイトやアプリの設計やコーディングの際に、アクセシビリティに配慮したコンテンツ作りを心がけることが重要です。また、企業の中にはアクセシビリティ担当の方がいる場合もあります。彼らは、アクセシビリティについて周知徹底を行い、職場でアクセシビリティを考慮した取り組みを推進することが役割になります。
ヒロ:なるほど、Webデザイナーやプログラマーってアクセシビリティも考慮しないといけないんですね。自分がプログラマーになったら、アクセシビリティにも目を向けたコードを書くように心がけたいと思います。
タクミ:素晴らしいですね。アクセシビリティに配慮したコードを書くことは、多くの人が情報にアクセスできる確立の一つになります。ぜひ、今後の学びにも取り組んでくださいね。

アクセシビリティが高いウェブサイトの例を挙げてください。

ヒロ:タクミ先生、アクセシビリティが高いウェブサイトがあるんですか?例を教えてください!
タクミ先生:わかりました、ヒロさん。アクセシビリティに優れたウェブサイトとは、どんな人でも利用しやすくなっているウェブサイトのことですね。たとえば、ビジュアル障害を持っている人でもスクリーンリーダーや音声ナビゲーションでウェブサイトを使えるようになっています。また、聴覚障害を持っている人でも、字幕や手話動画が用意されているウェブサイトなら利用しやすいですよ。
ヒロ:なるほど、理解しました。アクセシビリティが高いウェブサイトは、視覚的にも聴覚的にも不便な人でも使いやすいということですね。それってすごく大切なことだと思います。
タクミ先生:その通りです!アクセシビリティを考えることは、社会に優しいウェブサイトを作ることにつながります。ところで、実際にアクセシビリティが高いウェブサイトとしては、例えば「国民生活センター」「Wikipedia」「Twitter」などがありますよ。ヒロさんも一度見てみるといいですよ。

アクセシビリティが低いウェブサイトの例を挙げてください。

ヒロ:タクミ先生、アクセシビリティが低いウェブサイトの例を教えてください。
タクミ:はい、例えば、画像に代替テキストがついていないサイトや、色覚異常の人が見えづらい色を使用しているサイトがありますよ。
ヒロ:代替テキスト?色覚異常?
タクミ:はい、例えば、画像に代替テキストがない場合、画像が表示されない端末や、視覚障がいのある人がサイトを利用している場合、画像の内容が分からないことがあります。そのため、代替テキストを書いておくことで、画像の内容が分かるようになります。 色覚異常とは、赤・緑・青の光を区別しにくい人がいることです。普通は見える色が見えづらくなってしまうことがあり、例えば、色だけを使ってメッセージを伝える場合は、色を変えるだけでなく、文字や形状の変更も行ったほうが良いです。
ヒロ:なるほど、わかりました。ありがとうございます。
タクミ:どういたしまして。アクセシビリティの高いサイトは、誰でも利用しやすく、誰にとっても分かりやすく、安心して使えるサイトになりますよ。

アクセシビリティに違反するウェブサイトはどのような問題がありますか?

ヒロ:タクミ先生、アクセシビリティに違反するウェブサイトはどのような問題がありますか?
タクミ:アクセシビリティに違反するウェブサイトは、障がいを持つ人々がウェブサイトを利用する上で困難を抱えることがあります。たとえば、サイトが読み上げソフトに対応していなかったり、色が見えにくかったり、キーボードのみで操作できなかったりといった問題があります。
ヒロ:読み上げソフトって何ですか?
タクミ:読み上げソフトは、視覚に障がいのある人々がコンピューター上の文章を音声で聞くことができるようにするソフトのことです。障がいを持たない人々が普通に使っているウェブサイトが、読み上げソフトに対応していないと、障がいを持つ人々にとっては利用ができません。
ヒロ:なるほど、それならアクセシビリティを考慮したウェブサイトを作ることが大切ですよね。
タクミ:そうです。アクセシビリティを考慮したウェブサイトを作ることで、障がいを持つ人々もスムーズに利用することができます。将来プログラマーを目指すなら、アクセシビリティについても学んで、ウェブサイトを作る際に忘れずに考慮することが大切ですよ。

誰がアクセシビリティのルールを決めていますか?

ヒロ:タクミ先生、アクセシビリティのルールを決めているのって誰なんですか?
タクミ:それはいろんな団体や法律で定められているんだよ。例えば、日本では「障害者差別解消法」で定められているし、アメリカでは「アメリカ障害者法」で定められているよ。
ヒロ:障害者差別解消法とかアメリカ障害者法って何に関しての法律なんですか?
タクミ:それは障害のある人たちが、社会の中で不利にならないように、バリアフリーな環境を整えるための法律なんだ。たとえば、車椅子の人が自由に移動できるように、建物や公共の場所に段差がないようにしたりするんだよ。
ヒロ:なるほど。でも、どうしてそんな法律を作る必要があるんでしょうか?
タクミ:それは、ある人にとっては当たり前の環境でも、障害のある人にとっては大きな障害になってしまうことがあるからだよ。パソコンに関しても同じで、見えにくい人や聞こえにくい人、指でキーボードを操作しなければならない人たちと、普通に使えるようにするためにアクセシビリティのルールが決められているんだ。
ヒロ:なるほど、アクセシビリティって、誰でも使いやすいようにするためのルールなんですね。タクミ先生、ありがとうございました!

アクセシビリティのルールにはどのようなものがありますか?

ヒロ:タクミ先生、アクセシビリティのルールってどんなものがありますか?
タクミ:アクセシビリティのルールとは、身体障害者や高齢者など、あらゆる人が情報にアクセスしやすいようなルールのことです。例えば、画面に表示されている文字が小さいと、見えにくくなってしまいますよね。そのため、文字の大きさを大きくしたり、色を変えたりすることで、見やすくするというルールがあります。
ヒロ:なるほど、でもそれだけじゃないんでしょう?
タクミ:そうですね。他にも、音声での情報提供や、画像に代替テキストをつけることもアクセシビリティのルールの一つです。また、キーボードだけで操作できるようにするなど、マウスが使えない人でも操作しやすいようにする規定もあります。
ヒロ:分かりました!アクセシビリティのルールはとても大事なんですね。
タクミ:そうですね。誰もが情報に平等にアクセスできるようにするために、アクセシビリティのルールは必要不可欠なものです。あなたも、プログラマーになったときには、アクセシビリティのルールに気をつけて、多くの人に使いやすいシステムを開発してくださいね。

アクセシビリティルールに従うことが難しい理由は何ですか?

ヒロ: タクミ先生、アクセシビリティルールに従うことが難しい理由は何ですか?
タクミ: アクセシビリティルールは、すべての人が同じ条件で情報にアクセスできるようにするためのルールです。しかし、ルールに従うことはプログラムの開発において非常に難しいことがあります。
ヒロ: なぜ難しいのですか?
タクミ: 例えば、視覚障がいを持つ人が情報にアクセスできるようにするためには、画面に表示されるテキストを音声に変換する等の工夫が必要です。また、聴覚障がいを持つ人には文字や図表を使って情報を伝える必要があります。様々な障がいのある人が情報にアクセスできるようにするには、それぞれの障がいに対応した工夫が必要になります。
ヒロ: なるほど、様々な人に合わせるのは大変なんですね。
タクミ: そうです。しかしそれだけでなく、デザインの自由度も制限されることがあります。例えば、明るい色合いを使うことで見やすさを向上するデザインがあるかもしれませんが、色弱の方には不都合な場合があるため、暗い色を使わなければならない場合があります。
ヒロ: 验证盲点もあるんですね。
タクミ: はい、それもあります。アクセシビリティルールに規定されていないテストケースやユーザーのニーズもあります。そのため、障がいを持つ人のニーズに応えるためには、それぞれの障がいに合わせた工夫と、多くのテストやユーザーのフィードバックが必要になります。
ヒロ: なかなか難しいですね。
タクミ: そうですね。でも、アクセシビリティを意識することは、すべての人にとって使いやすいプログラムを開発することに繋がります。そのためには、アクセシビリティルールを学び、規定に従うことが大切です。

アクセシビリティを高めるために、ウェブサイト開発者はどうすればよいですか?

ヒロ:タクミ先生、ウェブサイト開発者がアクセシビリティを高めるにはどうすればいいんですか?
タクミ先生:まず、アクセシビリティって何か知ってる?
ヒロ:えっと、ユーザビリティを向上させるために、障害のある人でもウェブサイトを利用しやすいようにすることだと思います。
タクミ先生:あなた、すごいね!その通りだよ。アクセシビリティを高めるためには、例えば色を使う際には、色の変化だけで情報が伝わらないように、他の視覚的な要素も併用することが大切だよ。
ヒロ:なるほど、例えば、文字の太さや大きさなどで、情報を伝えるんですね。
タクミ先生:そう!また、音声読み上げソフトなどを使って、視覚に障がいがある人でも情報を得られるようにすることも大切だよ。
ヒロ:なるほど、でも、何か具体的な方法はありますか?
タクミ先生:いろんな方法があるけど、例えば、alt属性を設定して、画像に関する情報を提供するようにするとか、テキストの順序に気をつけて、スクリーンリーダーで読み上げた時に意味が通じるようにするとか、細かいところにも気を使っていくことが大切だよ。
ヒロ:なるほど、具体的な方法がいろいろあって、難しそうですね。でも、がんばって取り組んでいきたいと思います!
タクミ先生:素晴らしいね!アクセシビリティを向上させることは、より多くの人にウェブサイトを利用してもらうためにも大切だし、あなたが将来のプログラマーとして成長するためにも必要なスキルの一つだよ。

アクセシビリティを高めるために、ウェブサイトオーナーはどうすればよいですか?

ヒロ:タクミ先生、ウェブサイトのアクセシビリティって、どうやって高めるんですか?
タクミ:まずは、視覚や聴覚に障がいのある人たちでも、ウェブサイトを使えるようにすることが大切ですね。そうすることで、より多くの人にウェブサイトを使ってもらえますよ。
ヒロ:わかりました。ですが、具体的に何をしたらいいですか?
タクミ:例えば、テキストの読み上げ機能をつけたり、画像に適切な説明をつけたり、フォントや色の配色を配慮したりすることが挙げられますね。あとは、構造化がしっかりしていることも大事です。例えば、見出しやリストなど、意味的なマークアップを使うようにしましょう。
ヒロ:なるほど。でも、その方法を全部把握するのって難しそうですね。。
タクミ:そうですね。でも、ウェブサイトを作る人たちの間では、アクセシビリティに配慮した設計やコーディングを行うためのガイドラインが公開されていますよ。それに従うことで、アクセシビリティを高められます。また、実際に使用している人たちのフィードバックを聞いたり、テストツールを利用したりすることも、アクセシビリティを高める上でとても役立ちますよ。
ヒロ:なるほど、ありがとうございます。それらのことについてもっと勉強します!

アクセシビリティのテスト方法は何ですか?

ヒロ:タクミ先生、アクセシビリティのテストってどうやるんですか?
タクミ:まず、アクセシビリティって言葉の意味を知ってる?それからテストというのも、どういう意味か教えてくれる?
ヒロ:えっと、アクセシビリティって、誰でも使いやすい、理解しやすいってことだと思います!あと、テストっていうのは、機能や性能をチェックすることだと思います。
タクミ:いいね!そのとおりだよ。 アクセシビリティのテストは、例えば、視覚障がいがある人が利用するときに、スクリーンリーダーを使用して、スクリーンに表示された情報を読み上げてもらって、情報が適切に読まれているかを確認することがあるよ。ここまでわかった?
ヒロ:はい、わかりました!スクリーンリーダーって、盲導犬みたいなものですね!情報がちゃんと読み上げられたら、アクセシビリティが良いってことなんですね!
タクミ:そうそう、盲導犬と似たような感じだね!アクセシビリティのテストには、色んなパターンがあるから、一回じゃ全部覚えられないけど、ゆっくり学んでいこうね!

アクセシビリティを高めるためのツールはありますか?

ヒロ:タクミ先生、アクセシビリティを高めるために使えるツールってありますか?
タクミ:そうですね、例えば、WebAIMというアクセシビリティのチェックツールがありますよ。これを使うと、Webページがどれだけアクセシブルかをチェックすることができます。
ヒロ:WebAIMって何ですか?
タクミ:WebAIMは、Webページのアクセシビリティをチェックするツールです。例えば、画像にalt属性がちゃんと設定されているか、テキストの色と背景色のコントラストが十分か、キーボードだけで操作できるか、といったチェックができます。
ヒロ:なるほど、これでアクセシビリティを高めるための改善点がわかりますね。
タクミ:そうですね。また、スペルや文法の間違いをチェックするツールもあります。例えば、Grammarlyという無料のツールがあり、簡単な英文でも文法のミスを指摘してくれます。
ヒロ:Grammarlyって何が優れてるんですか?
タクミ:Grammarlyは、簡単な英文でも文法のミスを指摘してくれるので、英語が得意でなくても使いやすいところが優れています。また、WordやOutlook、Gmailなど、様々なソフトウェアに対応しているのも特徴の一つですよ。
ヒロ:なるほど、それなら自分でも使ってみようと思います。ありがとうございました!
タクミ:どういたしまして!アクセシビリティを高めるツールにはそれぞれ特長があるので、自分に合ったツールを使ってみてくださいね。

アクセシビリティを高めるために、開発者が必要とするスキルは何ですか?

ヒロ:タクミ先生、アクセシビリティを高めるために開発者が必要とするスキルって何ですか?
タクミ先生:それはね、いろんなスキルが必要になるんだよ。たとえば、ユーザーの使いやすさを考えることが大切だよ。例えば、視覚障害を持っている人がサイトを閲覧するときは、メニューやリンクを読み上げてくれる読み上げ機能が必要になるんだ。だから、開発者はそのような機能を実装する能力が必要になるんだよ。
ヒロ:なるほど、視覚障害者の方でも使いやすいサイトって大事なんですね。他に何か必要なスキルがありますか?
タクミ先生:それにね、ウェブアクセシビリティの基準を理解しておくことも必要なんだよ。例えば、画像にはALTタグをつける必要があるし、動画には字幕をつける必要があるんだ。開発者はそのような規定を理解して実装するスキルが必要になるんだよ。
ヒロ:なるほど、基準を理解して実装するスキルも必要なんですね。もう一つ質問があります。開発者になるためにはどんな勉強をすればいいですか?
タクミ先生:それはね、プログラミング言語を理解することが必要になるんだ。例えば、HTMLやCSS、JavaScriptを理解することが必要になるんだ。それから、バックエンドの処理も理解する必要があるね。ここでいうバックエンドとは、データベースを操作したり、サーバー上で処理を実行することを指すよ。そのためには、PHPやRuby、Javaなどのプログラミング言語を学ぶことが必要になるんだ。

利用者はどのようにアクセシビリティについて知ることができますか?

ヒロ:利用者はどのようにアクセシビリティについて知ることができますか?
タクミ先生:アクセシビリティについて知りたい場合、まずはWebコンテンツアクセシビリティ基準(WCAG)というものから知ってみるといいよ。これは、ウェブサイトを利用する際に、障害の有無にかかわらず、誰もが使いやすくアクセスできるようにするための標準です。
ヒロ:なるほど、そのWCAGというものは、どこで見つけられますか?
タクミ先生:国際標準化団体であるW3C(World Wide Web Consortium)が制定しているんだ。アクセシビリティの重要性が認識されるようになり、現在は国内でもそれに準じたJIS X 8341-3という規格があるよ。
ヒロ:WCAGを読んでみたいんですが、難しい言葉が多くて、読めないかもしれません。。
タクミ先生:そうだね。でも、実際の例を見ながら理解するという方法もあるよ。例えば、枕詞という制度があるよね。これは、視覚障害者がウェブサイトを利用する際に、どのようなコンテンツが表示されているのか聞くことができるようにするためのものだよ。実際に枕詞のサンプルを聞いてみると、どういう働きがあるのかがイメージしやすくなると思うよ。

アクセシビリティに違反したウェブサイトは法的に問題になることがありますか?

ヒロ:タクミ先生、アクセシビリティに違反したウェブサイトは法的に問題になることがありますか?
タクミ:そうだね、ヒロさん。アクセシビリティに違反したウェブサイトは、法的に問題になることがありますよ。例えば、障がいを持っている人がサイトを利用できない場合、差別や人権侵害になることがあります。
ヒロ:それはすごく重大なことですね。
タクミ:そうだね。ウェブサイトは、誰でも利用できるように作られるべきだから、アクセシビリティに気を付けることはとても大切なことなんだよ。
ヒロ:なるほど、理解しました。ありがとうございます。
タクミ:どういたしまして。もし、将来プログラマーになるなら、アクセシビリティに配慮したウェブサイトを作ることができるように勉強しておくと良いね。

アクセシビリティはモバイルアプリにも適用されますか?

ヒロ:タクミ先生、アクセシビリティってモバイルアプリにも適用されますか?
タクミ:そうですね、モバイルアプリにもアクセシビリティは適用されますよ。例えば、目が不自由な人がスマホを使っている時、画面の読み上げ機能が必要になります。また、指が不自由な人は、画面をタップせずに音声で操作ができるように音声認識機能も必要になってきます。
ヒロ:なるほど、スマホでもアクセシビリティは大事なんですね。
タクミ:そうですね。アクセシビリティは、すべての人が使いやすいアプリを作るために必要な要素なんですよ。だから、プログラマーにとってもとても大切なことです。
ヒロ:分かりました!ありがとうございました、タクミ先生。
タクミ:どういたしまして、ヒロさん。もし何か分からないことがあったら、いつでも聞いてくださいね。

アクセシビリティを学ぶための教材は何ですか?

ヒロ:タクミ先生、アクセシビリティを学ぶための教材は何がありますか?
タクミ:アクセシビリティには様々な側面があります。例えば、視覚障害を持つ人がウェブサイトを閲覧するための画面読み上げソフトや、聴覚障害を持つ人が音声をテキストに変換するための音声認識ソフトがあります。また、デザインにも配慮が必要で、文字やボタンの大きさ、配色にも注意が必要です。
ヒロ:なるほど、具体的にどういうことに気をつけたら良いですか?
タクミ:例えば、文字の大きさやカラーのコントラストは、目が悪くなった人でも読めるようにするために大切です。また、画像にもalt属性を設定することで、画像が表示されなくてもその画像の説明が表示されるようになります。あと、デバイスによってもアクセシビリティの方法が異なるので、様々なデバイスでテストしてみると良いでしょう。

アクセシビリティを高めることで得られるメリットは何ですか?

ヒロ:アクセシビリティを高めることで得られるメリットは何ですか?
タクミ先生:アクセシビリティを高めることで、障がいを持つ人たちがウェブサイトやアプリを利用しやすくなりますよ。
ヒロさん:そうなんですね。でも、私は健常者だから、アクセシビリティを高めることに何のメリットがあるんでしょうか?
タクミ先生:それは良い質問ですね。健常者でも、年を重ねると視力や聴力が低下することがあります。また、怪我をしたり、一時的に障がいを持ったりした場合にも、アクセシビリティの高いウェブサイトやアプリなら利用しやすくなります。さらに、アクセシビリティを意識した設計をすることで、より多くの人たちにサービスを提供できる可能性があります。
ヒロさん:なるほど、健常者でもアクセシビリティを高めることで、より多くの人たちに利用されやすくなるんですね。ありがとうございます、タクミ先生。